『IT企業』親の介護で退職を決意しました

親の介護のために退職を決意しました。

私は、51歳のサラリーマンです。数年前まで、仕事はIT系のベンチャー企業で、事務・営業の仕事をしておりました。自分で言うのもなんですが、能力はそれほど高くない普通の人間ですが、労働時間を長くすることで成果を出してきました。

朝は、7時までには出社して、普通の状態でも19時くらいまで働きます、それだけでも、普通の人より2,3時間長く働いていることになりますが、忙しいときは、22時、23時まで残業することもあり、さすがにそれだけ働くと、たいていの人よりは成果が出ますので、自分でも、そうやって生きて行くが、当たり前というか、当然のこととして働いていました。

私は、親と同居しており、父親が痴呆症を発症したころから、母親と介護をしながら、働くことになりました。

最初は、母親に任せきりの状態でしたが、母も70過ぎの高齢で、デーサービスなどの介護サービスを活用しても、一人ですべて面倒を見ることが困難になり、私も就業後に、家でのおむつ替えなどについては、手伝うようにしていました。

しかし、父親の症状が進み、寝たきりになると、夜も十分に眠れなくなってきまいした。私は、ひとより多く働くことで成果を出し、会社に居場所を見つけてきた人間です。

そのような人間が、残業をしなくなると成果が、それだけで出なくなってきますが、さらに介護疲れで、仕事の精度を悪くなり、考えすぎかもしれませんが、イライラが募るようになりました。

父親の症状が進むにつれて、介護に対する負担も増え、母の体調も心配な状態になり、会社に介護休暇の制度もあったのですが、前述のとおり、自分の成果に対する自分自身のイライラが募った結果、退職を決意した次第です。

父の介護を、その後、3年続け、父を見とり、今は再就職先を探しております。今になって思えば、父が病に倒れる前の、私の働き方に問題があったことは明らかです。

その時は、自分では気が付きませんでしたが、普通の人が普通に働く(そんな基準があるのかわかりませんけど)ような形で、無理せず頑張っていれば、父のことがあっても、会社の制度などを利用して、会社を辞めずとも介護を無理なく続けられていたのではないかと思います。

そのような状況を作れなかった自分が、退職の道筋を作ってしまったのだと反省しています。

これから親の介護を向き合うかたの参考になればと思い、自分のことを書いてみました。みなさんも介護のこと同時に、働き方について、今のままで良いのか、もっとよりよく働く働き方を考えてみることも必要かと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*