保険会社と営業契約社員、現代の奴隷制度がここに

現在とある保険会社の正社員ではなく契約社員、営業職として採用され、営業活動に励んでおりますが、こんなに辞めたいと思った業種はありません。

保険業界に行く前はコンビニ業界、流通業界の営業促進部にみを置いていたのですが、その時はこんな気持ちになったことはありませんでした。

これがもとに心因性のストレス障害にかかってしまいました。現在も通院中です。

保険業界がなぜこんなに辞めたいと思うのか、まず一つあるとしたらそれはノルマの厳しさにあると思います。

よっぽどのコネクションを持っている方でないと一か月のノルマは、まずこなせません。

それくらいノルマはハードなのです。そしてそんな簡単に保険に入ってくれるような人脈を持ってる方は保険の契約社員・営業職にはやってきません。

そもそも構造的に無理があるのです。

そして毎回、月末になると上司からノルマが少しでも達成できないと、首をちらつかせて脅してきます。かなりの強い口調で。
いつまでに達成できるのかと。

相当心理的プレッシャーは大きいものがあります。そして実際首になるのです。
そういう先輩を数多く見送ってきました。

まさに明日は我が身という気持ちで働くことを強いられます。

ノルマの縛りだけでも相当厳しいのにそれに加え大きいのが、正社員からの差別的扱いです。

同じ会社の仲間ですし仲良くとは言わないまでも、差別はしなくてもいいんじゃないかと思います。

甘いのかもしれませんが、雑用は契約社員の仕事とでも思っているのでしょうか。

ノルマ達成に飛び回ってる中、オフィスに帰ってくると平気な顔で雑務を言いつけてきます。

それでもにこやかに対応しないと正社員からの口添えで、契約社員統括担当の社員に容赦なく告げ口が入ります。
現代の奴隷制度です。

さらにはいじめです。

そういう職場だから当然社内の雰囲気は悪いのが原因でしょう、少しでも業績のいい先輩契約社員は入ったばかりの有望そうな、素直そうな社員をつぶしにかかります。

そして極めつけは何と言っても正社員による説教指導部屋の存在でしょう。
これはコンプライアンス上の問題を起こしたかた以外にも、恣意的に気に入らない社員対象で正社員が契約社員を文字通り説教、指導する部屋が存在するのです。

内容はほぼ恫喝です。密室で延々と二時間一方的に恫喝されます。さすがに30台も中盤にさしかかると、泣くこともなくなりますが、その時ばかりはさすがに精神的にかなり落ち込みました。

このようなことが保険営業職を辞めたい理由です。

まちがいなくアルバイトで暮らしていたほうが気楽に毎日過ごせると思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*