『美容師』社長の従業員への扱いと社長夫人のパワハラ

美容師を初めて8年以上経ちますが、やはり辞めたい気持ちが治りません。

理由として、やはり社長の従業員にたいしての扱いが一番気になる点です。

僕たちの仕事は、年功序列ではなく、結果重視技術重視の仕事のはずなのに、長くいるだけの正直大して仕事のこなせない人の方が、人一倍働いて努力して、戦力になっている若手よりと高待遇で、給料もらっています。

それだけならまだ僕の目に映らないだけで、社長の目からみたらなにか見えているのかもしれませんが、最近復帰してきた、やる気も気力もない歴だけ長い新人、といっても年齢は40代ですが、その方よりも前よりいる従業員のほうが冷遇されているという事実。

正直こちらのモチベーションは下がる一方です。

社長は、一代で今の店舗を大きく拡大させ、数字でも結果を出せているやり手ではあります。

が、従業員への配慮が欠けている気がしてなりません。

決して他人に対して好き嫌いでそのような嫌がらせをするようなかたではないですが、他人に対してあまり興味がないのか、周りの声だけを聞いて従業員への待遇が変わっています。

社長であるならば、数字を追いかけるのはもちろんですが、今の会社で本当の戦力になっているのは誰なのか、現在仕事が回らないのは誰の力不足で、誰が足を引っ張っているのか。

本当に大切にすべきは、ただダラダラと長くいるだけの人材ではなく、やる気も努力もしている若手たちではないのか?

そう問いかけたくなります。

また、社長夫人に関しましては、仕事中に機嫌が悪くなると、従業員の若手、その中でも気の弱い子をピンポイントでいびります。
みていてとても不快です。

仕事内容を口頭で伝えられることもあるのですが、あまりに早口かつ小声でよく聞こえなく、聞き取れず聞き直すともういいと話を切られ、間違えると間違えたでちゃんと聞けと怒鳴る。

矛盾してばかりのこの人に、どうすれば若手はついてくると思うのでしょうか。

ふるくからいる従業員たちは、やる気もなく、ただ惰性で働いているだけの割には、社長夫人と仲も良く、そこに嫌われたら仕事はしてられないだなんて言われています。

影でぐちぐちいうような、とても陰湿な嫌がらせもあるとききました。

丁寧に、かつ和やかに手早く作業しなければならない僕らの業界では、若手のアシスタントあっての仕事であります。

それが理解できないような上司をみていると、自分自身の独立の時、こんな風には絶対になりたくないな、そう思わせてくれます。

今は正直反面教師として、なんとか歯を食いしばっていますが、これ以上酷くなるようではあれば、お店へ一番打撃があるタイミングで辞めさせていただこうと思っています。

熱くなりすぎてしまいました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*