『債券回収』クレジット会社勤務を辞めました

クレジット会社に新卒で勤務しました。

男女平等でやり甲斐のある仕事とのことで入社しましたが、毎月給料日が近づいてくると全社員に0.5ヶ月未収の督促リストが届き、自分の業務のほかに督促という憂鬱な仕事が待っていて、融資業務の窓口では、来客中の督促はしてはならず、自分の業務が終わった後に残業して督促の電話をかけるということが毎月のことで、この回収率がボーナスの査定に入り、日常業務は取り扱い金額で同期でも昇給率が変わってくるため、どの仕事にどれだけの比重をもっていくと良いのかということがわかってくると、3年も勤めると自分自身が疲弊してしまい、同期同士でも、誰がいつ辞めていくかということを気にするようになりました。

その中で、給料には反映されないリーダー制度があり、リーダーという呼び名に遣り甲斐を見い出す人には救いはあるが、特に役職に名誉を感じないひとはただただ、3年ほどの勤務で精神的に疲れ果ててやめていくという決断を下していく集団です。

クレジット会社で長く勤めれる人というのは、どういう状況の人なのか・・。

自分はサラ金に勤めているのではないという事だけに救いを求めるが、結局はサラ金とやっている事は大差なく、一生懸命働くほどに、自分の仕事に疑問と疲弊と、人を調査して少し上から目線で人を審査するという感覚に慣れてしまってはいけないという、精神的なバランスをどこに持っていけばいいのか自分でもわからなくなっていく状況に疲れました。

また仕事内容から、気の強い人が増えていき、上司も転職組みで、生え抜きで上がってくる人はいない中、普通の企業で働くとはどういうことなのか、一般企業でまっとうな仕事がしたいと、まっとうな仕事をしているはずなのに、自分自身の仕事に正当性を見い出せずに退職しました。

あれから、他に数社勤務経験がありますが、業務を取り組む上で、あんなに精神的に追い詰められて働く職場にはめぐり合わず、新卒で、とんでもなく精神的にきつい仕事を経験したと、今でも思っています。

もっと、自分に広い視野と経験がある段階で選んだ職業でなく、学校の求人票掲示を見て、安易に職場として選んだ事を思い返すにつれ、学生にたいして、求人票を掲示する際には、省いてあげてほしい職種であると思います。

今はもうその会社のその業務自体は規模縮小で、でも会社はもっと企業は大きくなっていますので、今も、そんな勤務をしている人はいないのかも知れませんが、自分の身内には絶対に進めたくない仕事です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*