『動物関連』同業種では恵まれている環境だったけど…

動物関係のサービス業に6年勤めました。

当初から、向いていないのではないかという気持ちはありましたが、同じ仕事で同様の給料があり社会保険・厚生年金のところはほとんどなく、当初はスタッフも皆仲が良く働きやすい職場でしたのでやめようとは思っていませんでした。

しかし、勤続年数を重ねていくうちにスタッフの入れ替わりもあり、働くのが少しずつやりづらい、息苦しいような気持ちになってきました。その頃には役職はつかないものの現場では最年長になり、本来の業務に加え、後輩の教育についても向いていないと強く感じるようになりました。

また、現場責任者とも折り合いが悪いこともあり、ますます働きづらいと感じるようになり退職を考え始めました。

ですが、この雰囲気の悪さは自分が後輩の教育や、責任者との関係性の改善を怠ったせいではないか、ここで自分がやめるのは「逃げ」なのではないかという思いがありました。

しばらくは、やめるべきではないという責任感、今更条件の悪い同業種間での転職や、全く新しい業種への転職も正直面倒だという気持ちと、こんな気持ちでこの仕事を続けるのは顧客に対して失礼なのではないかという気持ちの中で揺れ動きながらも、結局現在のぬるま湯状態から動くのは面倒だという気持ちが一番強く、ずるずると続けていました。

しばらくすると後輩たちも仕事に慣れていき、自分でなければいけない仕事もかなり減りました。元々色々な事に不器用であった私は、器用で仕事をそつなくこなす後輩に劣等感もあり、その頃から「この位には辞めよう」という漠然とした気持ちが芽生え始めていました。

正直、色々なことがどうでも良くなっていました。

しかし結局、辞めることを決める決定打になったのは仕事が原因ではなく、私生活の変化でした。
当時の恋人と結婚を考えるようになり、同棲をすることになったのです。
同棲しなければいけない状況でもなく、通えないほど遠くに引っ越した訳でもなかったのですが、丁度いい機会なのでと退職を決めました。結局、他の人が口を出しづらい事情で「逃げる」ように仕事を辞めることにしたのです。

同僚たちに対しては非常に不誠実な辞め方であったと未だに後悔することもありますし、安定した収入はやはり惜しかったかなという気持ちもあります。向いていなかったと思うのは変わりませんが、仕事が嫌いだったわけではなく、寂しい気持ちになることもあります。また、主人に対しても、本当に結婚したいと思ったのか、仕事を辞める為の口実にしてしまったのではないかと悩むこともありました。
ですが、やはり辞めることができたという気持ちが一番強かったと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*