残業代も有給も昇給もない幼稚園教諭

子供の頃からの夢、幼稚園の先生。
いつもニコニコ笑顔で、可愛い子供たちに囲まれて働く姿は、ずっと変わらない憧れでした。

その夢が実現し、希望とやる気に溢れていた新卒の頃。
しかし現実はそんなに甘いものではありませんでした。

幼稚園での業務は子供のお世話だけではありません。
送迎のバスの乗務や、制作や行事で使う道具や教材の準備、保護者への対応、ウサギやニワトリなど小動物の世話、掃除など様々な仕事があります。

幼稚園は女性が中心の職場なので、一見華やかな印象がありますが、それは大きな間違いです。

内情は驚くほど体育会系のことが多いです。

そのため新人はとにかく動かなくてはなりません。

朝は誰よりも早く出社し、小動物の世話や、玄関周りの掃き掃除、職員室の掃除などを済ませます。

基本女性ばかりの職場なので、重たい機材なども新人が率先して運びます。

職員室の電話が鳴ると、ダッシュで出ます。

ベテランの先生が受話器を取りそうになったときは、奪い取ってでも新人がまず出ます。

行事などで出し物や衣装を決めるときは、暗黙の了解でベテランから選んでいき、新人はいつも余りものです。

発表会などで、クラスの出来が悪いとののしられ、あまり評判が良すぎてもねたまれて悪口を言われます。

全ての幼稚園が同じ状況だとは言えませんが、女社会というものはそんなものなのです。

幼稚園の先生という夢を職業にしてしまったため、短大を卒業して就職したばかりの頃は、給与などのことはあまり考えていませんでした。

しかし周りの友人たちの話を聞くうちに、自分の待遇の悪さに気づいてしまったのです。

幼稚園での仕事は子供が帰ったら終わりではありません。

掃除、次の日の準備、お便りの作成、行事の打ち合わせなどやることは山積みです。

基本的に定時は17時半だったのですが、そんな時間に帰れた試しはありませんでした。

行事前などの忙しい時期には、22時を回ることもありました。

さらに家に帰ってからも持ち帰りの仕事があります。

土日も行事で使う道具の制作などで、出勤することがありました。

もちろん残業代など一切出ません。

その頃は無知だったので、何も分からないまま働いていました。

働き出して5年も経つ頃には、中堅の立場になっていました。

幼稚園はとにかく忙しいことと、担任を持つと子供や家庭の事情でも休みにくいということから、結婚を機に辞めていく人がほとんどです。

7年目には学年主任になりました。
普通の企業なら出世なのですが、主任と言っても名前だけ、業務が増えただけで手当てなどは何もありませんでした。

しかも給与も就職してからずっと変わりません。

ちなみに手取りで15万ありませんでした。

今考えると、あんなに安い月給なのに、なんであんなにきつい仕事ができたんだろうと不思議でなりません。

大好きな子供たちと一緒に毎日過ごせたlことが、続けられた大きな要因だと思います。

主任になった年に結婚をし3月で退社しましたが、もう保育の業界に戻ることは決してありません。

幼稚園の先生として過ごした7年間、楽しいこともいっぱいありましたが、夢は夢のままの方が幸せだったかなとも思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. oja より:

    幼稚園の先生になりたい人が多いですが、実際には重労働です。
    家庭から初めて集団行動の場へ出てくる子供たちの世話です。
    思ったような指導をできずに悩んでいる先生が多いと思います。
    もっと、待遇が改善されるべきだと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*