居酒屋モラハラパワハラ店長からの嫌がらせでホールの仕事を辞めました

<第一印象はよかった、それなのに>

職場の環境の良さ、これはどの仕事でも重要視される点の1つです
わたしが面接を受けた場所は店舗内、しかも客席でした。

客席はさすがにお客様をお迎えする場ですので、整理整頓され清潔感も漂っていました。
そのときの面接官は店長。

店長の第一印象は、外見からは冷ややかな印象を受けたものの、聞き上手であり話し上手で頼りがいがあるように思えました。

しかし、時間が経つにつれ徐々に上司の人間性がわかってきたのです。

上司の存在は、学校で言うなれば担任教師のようなもの。

その職場の雰囲気づくりには欠かせないもので、良くも悪くも影響が及びます。

腹黒さがあり陰湿な部分を持ち合わせている店長。

それがわかったのはすぐあとでした。

<上司の人柄でそこに集まる人材が決まる>

仕事をスタートしてから出逢った同僚の方たち、8割くらいは腹黒さのある人でした。

「類は友を呼ぶ」ですね。
そう言っているわたし自身にも腹黒いところがあるのかもしれませんね。

「人は第一印象で8割が決まる」と言われています。

大体の同僚の表情は乏しく、常に緊張感に纏わりつかれているようでした。
それもそのはず、店長が何気に醸し出してる威圧感、それを空気で察して接していれば心が疲労困憊してしまうでしょう。

わたしはそれを客観的に観察して感じて過ごしていました。

<モラハラパワハラ店長>

店長は何かにつけ、「○○さんは頭のいい人だから」と一言添える人でした。
最初は褒め言葉だと思っていたのですが、次第にその一言にわたしの心は違和感をおぼえていきました。

店長は、自分自身を「クズ野郎なんだよ、俺は」、「家ではほとんど家族と口をきかないで過ごしているクズなんだよ」と卑下するタイプの人間。
自尊心が低く、部下に対してバカにする傾向が強く細身の貧弱な外見にもそれが滲み出ている人でした。

人間性に問題を抱えている店長の下で働くことはいかがなものかと疑問に感じながらも、仕事を覚えるのがますわたしが最初にすることだと自分に言い聞かせ、店長のことはしばらくの間脇に置いておきました。

仕事をスタートしてまだ日が浅かったのですが、興味のある世界でしたので仕事を覚えるのが速かったのです。
そんなわたしを煙たく感じたのか、そのうち店長はモラハラ(モラルハラスメント)とパワハラ(パワーハラスメント)でわたしを精神的に追い詰めていきました。

自分の思うようにならないと、怒りの感情を露わに言葉や態度に出すようになったのです。

始めのうちはなぜわたしの心がギュッと嫌な圧迫されるような感じになるのか、何が原因になっているのかわからないままでした。
しかし、1週間程度経ってからようやくその原因が店長にあると判明。

店長のものの言い方に違和感をおぼえていましたが、それを無視してずっと仕事をしていたため原因を見つけるのに時間がかかってしまいました。

心が悲鳴を上げ始めたことに気付いたわたしは、仕事を始めてから2週間後には退職。
辞めるとき店長に辞める理由を聞かれたので、店長からのモラハラ・パワハラが原因だとはっきり伝えてその場を去りました。

現在は精神的苦痛は全くなく、心身ともに健全な状態で過ごせています。

仕事だからと割り切ってそのままの状態で過ごすのも悪くはありません。

ですが、知らず知らずのうちに心が病みそれが身体のどこかに出ているとしたら危険です。

自分の心と体に向き合うゆったりとした時間をもち、自身と静かに対話することが生きていく上で大切なことです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ゆり より:

    私も同じような経験をしました。
    居酒屋のアルバイトをしていたのですが、初めは相手も若いのもあってすごくフレンドリーで優しい店長だなと思っていましたが、段々食事に誘われるようになり、最初の2回は付き合いと思っていたので食事にいきましたが、段々エスカレートし、勤務中に誰もいないところでキスされそうになったので、本当に気持ち悪く怖くなって、次の日にやめました。
    私じゃなくてそーいう人がやめてほしいですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*