住宅営業で働いていたが、残業が多く売り上げもあがらないので退職

住宅関係の営業の仕事を以前していました。営業なので売り上げをあげるのはもちろんですが家なのでなかなか売れませんでした。

当時、若かったので若さゆえのお客様へここで契約をしようという信頼感が得られなかったのと実際に住宅をその時は購入していなかったので具体的なイメージがわかなかったので間取りなどの提案力に欠けていたことが売り上げが低かった原因だと思います。

毎月、売り上げがどれくらいだったかの会議をしていたのですがそれが数字となってあらわれるとだんだんいずらくなって退職しました。

また退職理由はそれだけではなく残業が多すぎでしたしお休みも少なすぎました。お休みは週に1回とれればいいほうでしたし、人によっては週1回ですらお休みをもらえない人もいました。

営業だから残業が多いのはしかたがないのかもしれませんが日をまたぐ日もありました。またお客さん商売なのでしょうがないのかもしれませんが明日、急にくるとなると見積もりや間取りの図面を書いたりして何時に帰られるかわからない日も多かったので若かった私にとってはそれがだんだん苦痛に感じてきました。

仕事だけで生きていくのならそれでもいいかもしれませんが当時、彼氏もいたり友達との約束もあったりするのでそれを仕事のためとはいえキャンセルしたりするのが毎回続くとだんだん友達には誘われなくなってくるし、私は仕事だけで生きていくのかなと不安に思う日もありました。また若かったから体力的には大丈夫でしたがだんだんとしをとってきた時に体力面、健康面でも心配でした。

残業が続くということは夕飯を食べられないので夕飯抜きのことが多くなってきて会社の健康診断では長く勤務している人は結果があまりよくないというのを聞くとここでずっと働いていて大丈夫だろうかという心配もありました。

だんだん夕飯を抜くことが慣れてくるよと先輩から聞いていましたがそれは健康面ではどうなんだろうと心配でした。今、考えると仕事のやりがいはあり、お客さんと接客する時など楽しい一面もありましたが健康面や将来的なことを考えると退職してよかったと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*