『アパレル販売』朝になると憂鬱になる。

私は現在、アパレル関係の販売をしているパートです。

元々、正社員でしたが、婚約を機に家庭に入る準備もあって、パートにしてもらいました。

勤めている会社の社長は、自分のご機嫌次第で八つ当たりしてきたり、自分のミスも全て私に押し付けてお客様に対して、全責任を取らせるという、社長としても人間としても付き合いの難しい人です。

その日の社長の気分によって、仕事量も大幅に変わってきます。

社長の趣味はゴルフで、職場にゴルフのクラブやバッグなども堂々と置いてあり、仕事よりもゴルフをしている時間の方が長いくらいです。

ここ半年程、仕事をしている姿も見掛けていません。

そんな、毎日ゴルフばかりで、働いている方から見れば遊んでいるようにしか見えない社長に、何かある度、八つ当たりされます。ゴルフのスコアが悪かった日、天候の都合でコースに回れなかった日など、私を見つけると「お前、そろそろ仕事辞めるのか?」

と、圧力の掛かる言い方をされます。

初めは、私も「そんな事言わないでくださいよ」と微笑みながら答えていましたが、最近は、この気紛れに嫌気がさし、家族とも相談をして、辞める決意が出来たので、社長に退職を伝えました。

社長は、「お前の代わりなんて、いつでも居るから、今からでも帰れ」と言われましたが、その日は最後まで残り、会社のスタッフにも退職を伝えました。ですが、その日の夕方、社長から「明日からも頑張れよ」と、ラインで連絡が来ました。

どうすればいいのか分からず、放心状態でいると、追い込まれるように「無視か」と、又ラインが届き、結局次の日も出社しました。その日は、何も言われる事もなく、一日が終わりました。

毎日ゴルフ三昧の社長は、仕事の内容も把握出来ておらず、たまに仕事の様子を見に来ては、文句を言われて、本当に辞めたいのに辞めれない状態です。

頭痛で熱が38℃ある時も、お休みしたい旨を伝えると、「そんな事で休みやがって」「インフルエンザと違うなら働けるだろ」と言われ、辞めるどころか休む事さえ怖いです。

何の為にパートになったのか考え込んでしまいます。朝になれば、何か理由をつけて休みたいと思いながら出社しています。

こんな辛く、不安定な感情で働いても、自分にも負担が大きく、お客さんに対しても申し訳ないと、考えれば考えるほど辛いです。

お給料も、正直、利益や粗利で換算すると少ないです。

私は時給で、歩合制ではないので、仕方ないですが、どれだけ頑張って会社に貢献しても、全て社長の趣味の為に働いてるとしか思えません。勿論、寸志などもありません。

辞める事が難しいと思うようになってからは、いつかこのストレスが爆発して入院する時を待っている状態です。

『某有名起業』綺麗に見える職業の現実

私は、テレビでCMを毎日見ないことはないほどの有名企業に入社しました。

もちろんテレビCMや、実際のお店での店員さんがとてもキラキラしていて、自分もこんな素敵な販売員になりたいと思って入社しました。

入社前の講習会での説明では月に8日の休みと残業なし、待遇もかなりあるとのことでした。

ですが、実際に入社して突きつけられた現実はあまりにも悲惨でした。

まず勤務形態は、月に6日の休みと、毎日2?3時間の残業。

そして入社して1年ボーナス無し。

2年目以降のボーナスも出来高制と、入社前に聞いていたものとは全く異なるものでした。

そして一番最初に教えられるのは、社長が本社に来たら必ず盛大な拍手と歓声で迎えること。

そして、社長が私達社員に発してくださる言葉はとてもありがたいお言葉だから、誠実に受け止め応えられるよう努めること。

そう、この企業は社長を神様のように崇めており、まるで宗教のような会社だったのです。

そしてその企業の雰囲気に圧倒され、恐怖を覚えた私は、素直に企業の社風を受け入れられませんでした。

すると、会社の雰囲気に染まらない私に待っていたのは、店舗での上司によるいじめでした。

何かささいなミスでもすれば、店舗の店長に呼び出され人が3人入るのが精一杯の倉庫スペースで2、3時間のお説教。

そしてそれは、私自身のミスではなく、他の誰かのミスでも私が呼び出されていたのです。

周りの人のミスを防げないのは注意が散漫としているから。

周りの人のミスを見てみない振りをした。

など、その上司の機嫌が悪ければなんでもお説教の理由となりました。

そしてそれを見て助けようとしてくれた同僚は、なんと一週間後に他の店舗へと異動させられてしまったのです。

そしてその異動した同僚は異動先でいじめられる対象となってしまいました。

あまりにも不当な扱いに嫌気がさし、更に上の上司に相談をしました。

すると、その上司はなんとかする。とその言葉だけを言い、どこかへ消えて行きました。

しかしその後良い方向へ変わった事は何もなく、むしろ上の上司に相談した事により更に悪化するばかりでした。

そしてそんな日々を過ごしていくうちに、私は上司に会うことが恐ろしくなり、次第に言葉を発せなくなってしまいました。

そして遂に、上司に会う事が恐怖のあまり、出勤した際に痙攣を起こして病院へと運ばれました。

そこで診断されたのが、自律神経失調症。

そう、精神病になってしまったのです。

ですが、企業が私を辞めさせてくれたのは、その2ヶ月後。5回目の痙攣を起こした時でした。

私が仕事を辞めたのは、会社の宗教的な社風と、それに従わない者へのいじめに堪えられなかったからです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*