発達障害が判明。どうしてもみんなと同じように仕事ができない!

みんなと自分、なんだかちょっと違うみたい。

書類の不備は多いし、片付けも苦手でデスクはいつも散らかっている。

どうしようもなく拭えない違和感は日々つのっていました。

どうしてみんなは電話の応対があんなにスムーズにできるのか。

どうしてみんなは書類をスラスラ作れるのか。

会社に行くのがつらく、鬱状態になっては休職し、そしてまた復帰して鬱になる。

そんなある日、インターネットで発達障害の文字を見かけました。その症状は自分とまるっきり同じで、まさかと思い病院を予約。
検査の結果、わたしは発達障害ADHDだということが分かりました。

ADHDは事務的な作業を苦手とする人が大変多く、例に漏れず、わたしにとっても事務職とは鬼門だったのです。

子供の頃から数字が大の苦手で、たくさん数字があるとなにがなんだか分からず、読むこともできなくなって途方に暮れてしまいました。

学習障害も併発していたのです。わたしは、数字や記号の概念がよく理解できません。

悩みましたが、いろいろとで苦手なことが脳の障害のせいだと理解できたのはとても良かったです。

会社にも報告し、数字を扱う仕事を避けてくれたりと配慮をいただけました。

たくさん助けてくださいましたが、どうしても「人の声が聞こえない」「光がまぶしい」などの症状は理解してもらうことが難しかったようです。

話している最中、ほかの人の話し声が聞こえると、何も聞こえなくなってしまいます。

普段から人の声が聞くことが難しく、音(声)が重なって消えてしまうというか、ザルの中に音(声)が入って、ほとんど落ちてしまうような、とにかく、何も聞こえなくなってしまうのです。

先輩が一生懸命説明してくれても、何度聞き返しても結局は聞こえない。

惨めですし、申し訳ないです。

忘れっぽくて、失敗も多い。

説明も満足に聞くことができない。
これほどのサポートを受けているのに、それでもうまくいきません。

会社のみなさんのことは大好きですが、ここでこれ以上働くことは難しいように思えてきました。
今年中に退職することを視野に、いま行動しています。

発達障害があると、みなさんと同じように働くことは難しいのだと身をもって感じました。

しかし、だからと言って後ろ向きになることはありません。

今度はこの発達障害を武器にするつもりで、定型発達者の方には難しいようなお仕事につけたらいいなと思います。

自分の能力を最大限いかすことができて、夢中になれるような、どうせならそんな職業に就きたいものです。

というか、おそらくそういう仕事でないと続かないだろうな、と思っています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. oja より:

    人それぞれに得意不得意があります。
    発達障害があっても、自分に合った仕事に就ければ、働きやすいと思いますが、実際はそうはなかなか行きません。
    自分を理解してくれる職場であればいいのですが、なかなかそうは行きませんよね。

  2. 茨城哲也 より:

    精神科勤務をしている臨床心理士です。

    近年、成人のADHDやアスペルガー症候群の方がインターネット等で情報を調べて医療機関に自ら受診されるケースが増えています。それぞれの障害の特性のために仕事等の社会生活が維持できずに二次的にうつ状態や不安が強くなり、抗うつ薬や抗不安薬を服薬される方もいます。

    ADHDのような発達障害の場合、二次的なうつ状態や不安に対処療法的に薬を使うことができても原因そのものを解決することは基本的には難しいのが現状です。

    地域の障害者職業センター等で発達検査や職業適性検査を受けて、自分の強みや弱みをきちんと把握することは一つの問題解決方法です。

    障害者枠での雇用も視野にいれるのも大切です。その場合は公共職業安定所の障害者窓口や、地域の発達障害者支援センター等の窓口に相談しましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*