保険屋さんの自爆営業

最近では、どこでも自爆営業というものがあるとは思いますが、保険の自爆というのは本当に辛いです。

友達がコンビニで働いていて、ノルマを達成できない分は自爆していますが、レジ前で売っているからあげやおでんなら、自分で食べたり、友達に分けることができます。しかし、保険は食べることも分けることもできないのです。

ノルマが達成できない分は自爆なので、自分の年収分全て自爆する可能性もあるのです。限度などありません。そうなると、何のために働いているのかわからなくなります。

以前、上司が自分にたっぷり保険をかけ、飛び降り自殺しました。子供や奥さんもいたのですが、どうにも暮らしていくこともできず、年齢的にも転職もできず、精神的に追い詰められていたそうです。

会社からは給料が出ていて、収入を得て、自らの判断で保険に入っているという感じに見えるので、食べていくこともできない程の暮らしでさえ、税金等の支払いももちろん、生活保護の申請などもできず、もうこんな会社は退職する他ありません。

ニュースでもよく、郵便局員の自爆した年賀はがきが金券ショップに売られている様子が報道されていますが、国をあげてこういった『自爆営業』を取り締まることはできないものだろうかと思います。自殺者も出ているのに、なぜ何もできないのか?

次は自爆営業のない仕事に就きたいと考えていますが、営業職ならノルマも自爆営業もあって当たり前なのかと思い、給料が少なくても、ノルマ等のない安定した、事務職を希望しています。

『結婚しない若者が増えている』だの、『出生率が低下している』だの言われていますが、こんな世の中じゃ結婚も出産もできないのは当たり前です。こども手当や不妊治療に対しての控除などの政策の前に、自爆営業を取り締まることからして欲しいです。

自分1人生きていくのがやっとなのに、結婚して家族を養おうと誰が思えますか?そういった点からも、保険の営業は退職者も多く、入れ替わりが激しいです。

以前、ワタミの社員が過労死したという事件がニュースで大きく取り上げられていたが、その事件のように自爆営業も大きく報道していただきたいものです。

自爆については、上司もそのまた上司も当たり前にしていて、社内でそういった雰囲気になっているので、拒否することができません。何か意見しようものなら、次の日から職場に来れなくなると思います。

もうこれ以上、自爆営業で自殺者が出ないことを祈ります。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*