長過ぎる拘束時間と薄給で美容師を辞めたい

私は高校卒業後、美容専門学校に入学し、二年間のカリキュラムと国家試験を終えて地方の美容室に就職しました。

美容学生時代から、現場の過酷な環境は常々聞かされており、自分自身では十分に覚悟できているつもりでした。
しかし、実際に働けば想像以上に辛い毎日。

一般的に一人前と呼ばれるスタイリストになるまでには、おおよそ3~5年ほどの期間がかかります。

スタイリストになるまでは、アシスタントとして雇われ、一切カットをする事が出来ず、ひたすらシャンプーや髪染めしか出来ません。

このアシスタントの期間は非常に給料が少なく、セミナーや練習道具の購入等で、手元に残る金額はごくわずかです。

私は一人暮らしをしていましたが、毎月の生活はかなりギリギリで、学生時代の貯金を少しずつ切り崩しながら何とか耐えました。

また、拘束時間が非常に長く、朝は始発で夜は終電なんていうことがほとんどでした。

時給換算すれば、コンビニのバイトの半分あるかないかです。

平日に自由な時間が取れないのはもちろんですが、休日もセミナーに参加したり、レッスンをしたり、サロンの撮影に参加していただくモデルさんを街中に探しに行ったりと身体の休まる暇もない状況でした。

有給ももちろん無いですし、長期休暇はお盆とお正月にそれぞれ各3日ずつ貰えるだけでした。

営業トークの苦手な私は、毎月の店販ノルマをこなす事ができず、店長や先輩によく怒られました。

また、先輩からのイジメは酷く、小さな美容室だったので他に助けを求める相手もおらず、ただ厳しい仕打ちに耐え続ける日々が続きました。
唯一、気持ちが楽になる時間はトイレにいる時と10分の短いお昼休憩だけでした。

小規模店なのでメンツが変わることも一切無く、日々の仕事も雑用同然の業務が大半。

やりがいも無ければ、お金も時間もなく、学生時代に抱いていた夢も憧れもやる気も無くなってしまいました。

辞めたいと思っていても世間体やプライドもあり、なかなか辞められませんでしたが、勇気を出して退職を切り出したら長時間説教を受けました。

その後もゴタゴタと色々ありましたが、何とか辞めることが出来て今は落ち着きました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*