もう二度とはやらない水産業!社長の機嫌いつも悪い

私は24歳の頃半年間だけ水産業のバイトをしていました。今まで働いていた仕事はアパレルや飲食業だったこともあって全然仕事内容が違うことから慣れるまでにかなり時間がかかりました。

水産業の仕事内容は魚を永遠にさばいて、そのさばいた魚を干して、乾いた魚を袋詰めするという仕事や、凍ってて冷たい生きてるタコをさばいたり、イカなどをさばいたりする仕事でした。

ずっと立ち仕事で常に動かなきゃ行けないし、常に凍ってる生き物や水を触ってるいるので寒いし手は冷たいし、足もかなり冷たくかなり辛かったです。服装はかなり厚着にしてカイロは手放せなく、カイロの消費量はすごかったです。

そして水産業ということもあって、年齢の近い人はいなくて私以外はみんなおばさん、おじさんで仕事の愚痴を言える相手もいませんでした。一緒になって愚痴を言える相手が1人でもいれば少しは違ったのかもしれません。

仕事が辛すぎてズル休みも何回もしていました。そしてなによりも給料が最低賃金だったので全然給料に満足もできなかったし、休みも週一日しかなかったので、そこがなによりも辛かったです。

これで給料が良いなら頑張ろうと思えるのですが、さすがに最低賃金なのは厳しいなと思いました。

あと社長が87歳だったのですが、かなりの気分屋で毎回作業内容がコロコロ変わるし、機嫌が悪い時なんて本当最悪で怒鳴ってばかりでした。

でも雇われてるのがおばさんおじさんだったので、誰も文句を言うこともなくこんな職場でよくみんな我慢してるなぁといつも思いながら働いていました。

その会社自体家族経営だったので誰も社長に文句を言うこともありませんでした。会社自体はかなり儲かっているのにもっとバイトや、従業員への給料を上げてほしいとおもいます。

水産業の仕事をしてから何回も風邪を引いたし体が冷えるからか頭痛も増えたような気がします。正直水産業の仕事は毎日辞めたいと思っていたし、辞めたら絶対もう二度と水産業はやらないと誓いました。

将来おばさんになった時水産業のような仕事しかできないようにはなりたくないので、若い今のうちになんでもいいから資格を取りたいなと思っています。

資格をひとつでも持っていれば少しでも職に困ることは減るんじゃないかなと思うし、やはり生きていくには手に職だなと強く思いました。なのでもう二度と水産業で働くことのないように、これから資格を取りたいと思っています!!!

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*