モンスターペアレントとの闘い!小学校教師生活で疲れ果てました



小学校の教師をしています。

大学の教育学部を卒業し、難関だった教員採用試験にも受かり、小学校の教諭として10年程勤務しております。

最近本当に辛くて辞めたい気持ちがいっぱいです。
原因はずばり子供の親です。モンスターペアレントというのはテレビでもよく聞く言葉だと思うのですが、実際に本当にいるのです。

私はずっと小学校低学年の担任教諭を担当し、生徒達と日々接してきたのですが、ある日学校側から特別学級の担任になってくれないかと言われました。

特別学級というのは普通クラスでは授業についていけない自閉症などの子供達のクラスです。
特別学級クラスは全校合わせても生徒は3人しかいないので、担任教諭は2名体制をとっていました。でも一日中つきっきりなので2名でも3人の子供達をみるのは大変です。

でも独身の私は他の先生方に比べれば時間もたくさんあるし、まだ若いのだから体力もあるだろうということでお願いされ断れる状況ではありませんでした。

そして実際に特別学級の担任教諭として働き始めた時、3人の自閉症の子供がクラスにはいたのですが、1人の子の親(母親)が本当にすごいのです。

普通、障害がある子供は養護施設で学びますが、保護者の方の希望や学校側に受け入れ体制があれば普通の学校に入学して特別学級に入ることも出来ます。

もともと軽度の自閉症のお子さんの親御さんは出来れば普通の学校に入れてみんなと一緒に学ばせたいという気持ちがあります。私にもとてもよく分かりますし、出来る限りサポートしてあげたいと思っています。

3名のうち2名の親御さんは、お子さんも軽度自閉症で、教師に対しても学校に対してもとても協力的で助かっていますが、私が主に担当しているもう一人のお子さんは重度の自閉症があり本来なら養護施設に入って頂くはずなのですが、親御さんがどうしても普通の学校で学ばせたいとうちの学校に入りました。

その親御さんがかなりのモンスターペアレントで精神的にもボロボロです。
重度の自閉症があるためかなり手が掛かるうえに、他のお子さんをぶったり学校の物を壊したり、非常ベルを何度も押したり・・・。

そうゆう時は一応親御さんにも報告するのですが、親御さんからの返答はいつも「先生がしっかりしていないからだ」というものです。

学校宛にいかに私が手を抜いて仕事をしているかなどをFAX6枚に書いて送りつけてきたこともあります。

全て私のせいにされて、毎日毎日泣きそうです。でもその子はとても可愛いので何とか頑張ってきましたが、もう限界で、早く仕事を辞めたいと思ってしまいます。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*