『エステ』自分の限界を感じてしまった為辞めました

私はサービス業でエステ関係の仕事をしていました。

仕事内容はとてもやり甲斐があり、楽しかったです。

入社当初は、技術や知識を覚えるのに必死で、あっという間に3年半が経ちました。また、会員さんからのありがとうという言葉にとてもやり甲斐を感じました。いかに会員さんの効果を出せるかという事だけを考えて、色々勉強しました。

その甲斐もあり、店の責任者をするチャンスにも恵まれ、私は入社して3年半目で店長になりました。

しかし、店長になれば当たり前ではありますが、自分の事だけでは無く、下のスタッフの教育もしなければなりません。昔から人に教えたりする事は苦手ではありませんでした。

しかし、スタッフのプロ意識を高めたり、お金をもらうという事の自覚を目覚めさせたりする事は簡単な事ではありませんでした。

何か物事を教える事はそう難しくは無いかもしれませんが、その人の意識を変えるという事の難しさに長年悩まされました。それでも会員さんの為という思いで根気良くやってきました。色んな人にも相談をして試行錯誤しながら、スタッフの育成に励みました。

ただその当時の私の店が中堅どころのスタッフが居なく、私が全て新人さんの教育をしていました。しかし、私はもう新人さんの目線に合わせて教えてあげる事が出来なくなっていました。

新人さんの教育ばかりに毎日追われ、会員さんの効果を出す為の時間を作る事が出来ていない自分にも焦っていました。私はスタッフの育成だけをする為に、店長になった訳では無いのにどころの毎日不満ばかりが募っていきました。

会員さんのコースは決して安いモノでは無いですし、どの会員さんもローンを組んで、必死な思いでお金を払い、効果を出す為に一生懸命頑張っていました。

私が自分の仕事を全う出来ていなかった為、だんだんと会員さんからクレームも出だしました。それでも会員さんから、私は給料をもらっているという意識が強かった為、辛かったですが、頑張れていました。

それに変わらずありがとうと言われる事も多かったですし、私にカウンセリングや施術に入って欲しいという指名もかなり多かったです。

しかし、店長をやり始めて4年が経った頃、不満しか出て来なくなった自分に気付き、突然もう頑張れ無いなと思う様になったのです。

限界というのは自分で決めるモノでは無いのも分かっては居ましたが、私が居るから下のスタッフが育たないのでは無いかというふうにも考える様になり、もう頑張れないってなってしまいました。

そうなってしまっては、会社側にしてみると、居てもらっては困ると思い、退職しました。結局周りを変えようとばかりして、自分が変われなかったのが一番の原因です。

エステティシャンのノルマがきつかったので退職しました

大手エステティシャンとして働いていましたが、辞めました。

私はエステの専門学校を出ていないので、専門知識が追いつかなくて大変でした。

美容師の専門学校でも、選択科目にエステがある学校もありますが、私は美容系の学校は一切出ていないので、就職してから当時のエステ技術やエステ理論に関して一から覚えなければならなかったので、本当に大変でした。

知識がない私にできることは、清掃やエステ施術ルームのセッティングです。

技術テストの合格をしなければ、お客様に触ることは当然できません。

店内の個室のセッティングや掃除に電話対応やご案内をしながら、練習と勉強と接客ご案内を繰り返す日々からやっとお客様に触ることができるようになっときは本当に嬉しかったです。

でも、喜んでいられるのもつかの間です。

テストに合格した後も、エステ理論がよく分かっていないので、どんなに練習を重ねて技術だけは達者になれても、迫り来るノルマを達成することは困難でした。

契約を取るためには、痩身、脱毛、美顔について理論からしっかりと理解していなければ、人に進めるための会話もろくにできなからです。

当然ですが、そんな程度では、すぐに会話に行き詰まることがありました。

そんな程度の私に進められても、もちろんお客様だって納得するわけがないです。

荒業としてはお客様と仲良くなって、雑談風情で契約を取るということもできますが、それも数の限られる話しです。

やっぱりしっかりとした根拠を説明できてこそ、堂々とおすすめできるということはあるので、自分の限界をいつしか感じるようになりました。

働きながらエステ技術の習得のため、サロン閉店後に練習を重ねるのも毎日です。

日々の業務の合間を縫って、僅かな時間でも練習に勤しむので、すぐに体力は消耗してしまいます。

さらに次々に出る新しいエステ技術について知識をつける必要も当然あって、勉強もしないとすぐに落ちこぼれエステティシャンになってしまいます。

新人に売上を抜かれないためにも、自分自身のノルマを達成するためにも必死でしたが、コースも多すぎて把握しきれず混乱することもありました。

私は素人状態で入社したので、技術から知識理論から働きながらやらなければならなかったので、身が持ちませんでした。

エステティシャン歴は複数店舗約3年経験しましたが、ノルマという重圧に耐えきれず、きっぱりとエステ業界から離れました。

契約そのものは、もちろん悪いものではないです。

契約を取らなければ企業として存続不可能になるので、契約を取るのは当たり前です。

大手のエステティシャンは営業マンという側面もあるので、そこを履き違えて入社した私にも当然落ち度はあります。

技術そのものは楽しいですし、お客様が喜んでくれて満足してくれることは大きな喜びでしたが、私は営業という才能がなかったので辞めるという決断をしました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*