『アパレル会社の契約社員』女社会のイジメは陰湿。

私は某アパレル会社に契約社員として入社。右も左も分からずでしたが、自分自身オシャレになりたい、華やかな世界で自分もお客様もキレイにしたいと志望動機でやる気に満ち溢れていました。

しかし、それは甘い考えでした。女性だけの職場はイジメや派閥など入混じった怖い世界でした。

それは私が入社1年目で違う店舗に異動になった時でした。初めての店舗でお世話になったスタッフと離れて仕事する事が寂しくて人事異動が出た時私は、泣いてしまいました。

それが何故か異動先の店舗では「あの子このお店に来たくなくて泣いたらしいよ。」「異動したくないって言ってるって」など私が全く口にしていない事が噂になって広がっていました。そこからが地獄の始まりでした。

そこの店舗は店長、サブ店長、私、年下のスタッフの4人体制。元々店長とは最初の店舗で少し働いた事があったので顔見知りでした。問題は店長がいない時のサブ店長の私へのイジメでした。

挨拶をしても無視され、ミスをすると睨まれ、仕事が遅いと怒鳴られる毎日。

それだけではなく、私が接客するたびに後ろからぴったりくっつき接客内容を聞き、お客様が帰ったら「何で帰ったの?」「どうして売れなかったの?」と毎回聞かれました。サブ店長との会話は怒られる事以外の会話はない日がほとんどでした。

サブ店長のイジメは店長のいない日のみ限定で周りには見られない様にしている様感じました。

私は空気の様な存在でいつも2人でくっついて居て私は1日お客様としか話さない日々が続きました。

ある日私の精神状態が限界に達したのか、突然目の前が真っ白になり倒れました。そこから2日間寝込み出勤出来ない程心身ともに疲れていました。

この事がきっかけで、私はこのままだと自分の体がおかしくなってしまうと感じ、店長に辞める決意で相談しました。店長はサブ店長と話し合いその後は前に比べ私へのイジメはなくなりました。

私はその時辞めずに留まる事が出来ましたが、この状態が続いていたら辞めて居たと思います。

この経験は絶対に忘れられないし、忘れません。この様な女性には絶対にならないと心から感じました。

後のサブ店長は可愛がっていたスタッフが、夜の仕事をしているのではないかと疑いをもち、矛先が急に私から下のスタッフに変わっていきました。今度は私にそのスッフの事について根掘り葉掘り聞いてくる様になりました。

その子はこの会社に嫌気をさしたのか、妊娠したから辞めると嘘をついて退職していきました。

辞めると同時にサブ店長はコロッと態度を変え、私にベッタリになりました。
いくら仕事とは言え人格を疑うほど最低な人だなと感じます。

アパレル業界はあまり良い噂を聞きませんが、やはり女性が多い職場ではイジメなど多々ある事を実感しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*