ゲーム好きな社長がいるスーパー惣菜部の正社員

小さい町のスーパーの惣菜部に勤務していました。

良心的なスーパーとして地元からも愛されており、自分もよく利用していたスーパーでした。
あるキッカケで、スーパーの経営者と仲が良くなり、自分がずっと料理の仕事に携わっていたこともあり、スーパーで働くことになりました。

最初は、差し入れを持って来てくれたりスーパーでの仕事内容等、事細かに教えて頂いて良心的な経営者だなと思ってました。

1ヶ月程が経ち、仕事も覚え毎日やりがいを持って仕事をしていました。
ところが、経営者の方からふと携帯ゲームの招待が来たのです。

自分はお世話になってるからと思い、招待を受けたところ、思わぬ方向へ展開していくことになりました。

仕事中でも呼び出しがあり、携帯ゲームの話やアイテム交換、配達にも行くようになると、配達中に連絡が入りゲームの進行を手伝わされました。

仕事が終わってからでも、夜12時ぐらいまでゲームに付き合わされ、毎日苦痛の日々が続くようになりました。

仕事でも、募集や経営者の話ではボーナスありと書かれていたのですが、ボーナス時期になるとトイレの改修や店舗の増築など行い、それを理由にボーナス無し。

さらに毎月の残業時間も大幅にカットされていることに気付きました。
80時間残業していたのに、給料明細には50時間と記載されていたのです。

人遣いの荒さ、経営の仕方、コスト削減方法など、ほとんどの従業員が不満を持っていました。

半年程働くとドンドン従業員は辞めて行き、人手不足の状態になりました。
人が足りなくなると、従業員1人1人の負担が大きくなります。

さらには残業時間も増えて来て、朝5時から夜9時までの勤務も課されられ、お盆や正月になると夜中2時から夜9時までで休憩もほぼ無しの状態でした。

さすがに労働基準局が入り注意を受けましたが、経営者は従業員に経営のやり方に不満等一切ありませんと1筆書かせる始末です。

当の経営者はというと、勤務してもゲーム三昧。
オマケに面倒臭がり屋で自分が使用した物や汚した場所でも一切片付けようともせず放置状態。

片付けないと作業出来ないことを知ってるので、従業員へ押し付けです。
そして、従業員は社員割引等一切ありません。

しかし、経営者や経営者の家族は一切支払いません。
更には賞味期限が間近になると従業員へ押し売りしてくるのです。
惣菜の売れ残りもです。

さすがに自分も経営者と口論となり、退職することになったんです。
今では三店舗あった系列店も本店のみとなり、経営も傾いて時間の問題になっているみたいです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*