念願の社員雇用〜サービスカウンター〜の裏側

当時、旦那が働かず子供2人を育てなければならなかった私は、社員として雇ってもらえる所を探していました。

そんな時に見つけた、いつも利用していた某デパートのサービスカウンターの求人。
端から見ている分には、ただ接客してニコニコ。しかも、社員として雇ってくれる!

飛びつきました。が、、そんな良いイメージは直ぐに払拭されました。

まず、女の職場で毎日ギスギス

そう、イジメの対象がないとつまらない精神の人がいて、私は被害に合いませんが、見ていて巻き込まれるんじゃないかと、毎日ビクビク。

全ての店舗の店員さんも、お客様

どういうことかと言うと、そこのサービスカウンターはデパートの社員。デパートにお金を払って店の場所を確保している店舗様もお客様でした。

当然へまは出来ない。何があっても笑顔で挨拶。新人にとっては、大体が私服の店員さん。すれ違ってもわかるはずもなく、目を付けられてしまったり。休憩室も皆一緒なので、本当にお客様より気を使いました。

半分が苦情対応

いきなり怒鳴り込んでくる方、物を投げてくる方。『サービスカウンターなんだから何とかしろ、それがおまえ等の仕事だろ!』と思われている方が多数。

仕方ないですが、毎日です。精神的にやられました。

一人で回しきれない仕事でも、一人体制のシフト

鍛えられました(笑)

そこのサービスカウンターでは、商品券数種類、ギフト菓子、カード申し込み、タバコ数百種類、宅急便、アナウンスなどなど扱っていましたので、一度に来られたら地獄。。閉店後までお客様をお待たせさせたことも何度も。。倒れるほど、目が回りました。

子持ちには辛い勤務時間

朝8時入り、ほとんど座ることなく、帰宅が22時はザラ。働かない上に、家事もしない旦那。帰ってから家事をして、寝るのは2時。朝5時に起床、子ども達を保育園に送り、そのまま仕事。を繰り返しました。

帰って、子どもが『ママおむちゅ!』と。見たらオムツがカピカピになっていたときは、泣きました。何もしない旦那と、子どもにこんな思いをさせている事の悔しさで。

それを1年半続けたある朝。自分が何を何時にすれば良いのか、今日は何曜日なのか、わからなくなり、鬱の始まりでした。

直ぐに退社。段々なにも食べられなくなり、気がついた時にはやせ細り無意識に母親に『助けて』と連絡していました。

鬱の薬が強かったのか、離婚届を出した事さえ覚えていません。

仕事選びは、無理なく、ライフスタイルに合ったものを選ぶ事が最善だと実感しています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ぴよこ より:

    サービスカウンターは来店客だけでなく従業員の世話もしなくてはならない部署。とにかくあらゆる事案の窓口となるので、真に接客好きでなければ勤まりません。
    その覚悟を持って求人に応募してください。

  2. てぃら より:

    文章を読んで涙が出ました。男よりも女が社会に出て、生活の為に何とかしなければならないという強い気持ちでいる意味って子供にとって良いのですかね。旦那よりも母親の方に頼ってしまうのもよく分かります。だから今の時代シングルマザーでも子供を育てていける世の中になっていますよね。そして、サービスカウンターの大変さも理解出来ます。私は某ディーラーのサービスカウンターでしたが、逆に男ばかりの職場でやりづらかったです。仕事を依頼した時に露骨に嫌な顔をされた事もありました。忙しい時って皆気持ちに余裕がなくなるのでイライラすると思いますが、会社のチームワークの良さは顧客満足度の鍵だという事を理解して欲しいですよね。人間関係って難しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*