特別老人ホームでのパート雇用、突然の時間帯変更にっ!

2001年ぐらいほことですが、近所に特別老人ホームが出来るとのこと、友達に求人(厨房)載っていたよと言われ、即面接を受けに行きました。

施設長が面接して下さり、時給700円週4日8時半から2時半まで(休憩30分)でやとってもらえました。

厨房の調理師などは近所のお寿司屋さんからの出向で、一応責任者もいました。ご老人が残したものを全部ゴミ袋に入れ、残量を測ったりしました。

とても潔癖性の人はできないなと思いつつ、少し慣れたひと月後、施設長ではなく、厨房責任者から1日8時間労働の3交代制でやりたい、できないならやめてくれとの旨を言われ、当時下の子が小学生だったこともあり、流石にのめないと言い、結局その日限りでそこをやめ焦られました。

お局さんにも目をつけられていたので、やりづら面もあったので未練はありませんでした。

しかし、冷静にに考えてみると私は特養の施設長に雇われたので首を切るとすれば、施設長が言うべき問題でした。何故厨房の責任者が直接言ったのか、今でも謎である。

その後、知り合いの数人ほかの部署だがパートで入って一ヶ月も持たずに辞めていったと聞いた。

いきなり子供のいる人に8時半から5時半まで休憩1時間を言い渡せれた自分はなんだったんだろう

確かパートに解雇をいい渡す時も何日前とか規定があったはずである。結局施設長と話すことおなく辞めたが。

今になって思うことは、もう少し施設長を使い、同じ使われているん分の調理場の責任者に対して何らかのペナルティーもすべくだったと思う。

今なら、いろいろわかってきたが、当時は知らなすぎた。

最初の約束はたとえパートでも変えて、条件飲めないのはやめろとは言われることもなかったのかもしれない、

その後病気になり、今はこのようなライターで細々稼いえいる。

女性の多い職場は、喧嘩や、いがみ合いもあるので、もう二度と働くことはないだろう。
やはり、パートでもなかなか紅が契約書を交わすことが大事である。

未だに、立て見るだけで嫌な気持ちになる。
北海道は未だ仕事がないのは変わらないが、安易に働かず、契約書を交わす。
条件は変えないなどの旨をいれておくべきだと思う。

みんなが要人ではない、今でも時々私を見張っていた人を思い出します。
彼女には劣るが、私も手は遅い方ではない、そして同じ時期に入ったおばさん仕事こなせてないのに、時間になったらすぐ帰るなと今は言いたい気持ちでいっぱいだ。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ちょこ より:

    厨房の仕事って家庭の延長な考えでは勤まりません、、

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*