残業が正義か?帰りたい!人材サービスで働くとは

残業するのが当たり前、定時あがりは仕事なめてるという風潮の会社は少なくないと思います。

私は人材サービスの会社で勤務していますが、定時は9時から18時で[みなし残業]が給与に40時間分付与されています。移動時間や待ち時間等、仕事だけど思考出来ていない時間を含むとの事で納得していました。

でも実際私の業務だけを取ってみると、8時から18時まで工場に配属されているスタッフの労務管理やお客様とのやり取りでどこかへ移動する事も無ければ何かを待つこともない。ただただ忙しい毎日でした。

工場でなにか起これば何時だろうと現場へ向かい、寝られない事もありました。

40時間を超える場合は別途支給とあった為、正規の時間で申請を出すと怒られます。一度だけ正規の時間での残業代が付与された月があり、喜んだのも束の間、次の給与から差し引くと本社から連絡がありました。

その時私は完全に激しく怒り、上司へ入社時の書類を突きつけました。労働条件とは異なる事、また賃金形態にも難有りとして訴え、次の給与からの控除はありませんでした。しかし、勤務表に40時間以上の記入をしないよう厳しく指導を受けました。

月の労働時間を自分で管理し、残業時間40時間以上は勤務しないようにしましたが、そこから変なパワハラ?を受け始めました。

定時までに仕事を終わらせ、夜の呼び出しがあるかも知れないので帰ろうとした所、もう帰るのかと言わんばかりの深いため息。上司は帰らないのです。全くと言っていいほど。

私の給与は上司の3分の一程度で、基本給以外の手当が付かないのに。

お先に失礼しますと言いかけた所で、今朝のアレどうなった?あの資料どこまで進んでる?スタッフとの面談は?と、納期に余裕があるはずの仕事を投げかけるのです。

スケジュールでは管理していますが、当然まだ終わってはいません。終わってないのに帰るというのを私に確認させて、オツカレさんと背中を向けます。

苦痛でたまりませんでした。定時で帰ってもいないし、付与されている以上のみなし残業を満たしても上司は私に冷ややかでした。

それからは朝も夜も関係なく働き、当時の彼氏とも別れ、仕事だけをしてきました。

それからは給与も大幅に上がり、肩書きも頂き、部下も増えました。

今は昇給のチャンスを頂けた、育てて頂けたと感じますが、当時は辞めたくて仕方ありませんでした。

今は結婚して、現場を離れオフィスワークのみなので定時あがりにして頂けました。

会社の方々には結婚式にも来ていただいて、祝福頂けましたが、未だに当時の上司からの視線は痛いです笑

求人広告会社の営業職・やりがいが見出せなくて退職しました

私は以前、求人広告を扱っている会社に勤めていました。

大学卒業後に新卒で入社し、一年で退職しました。

旅行会社に就職したいとずっと考えていたため、旅行会社に絞って就職活動をしていました。

しかし、不景気とその年に起こった震災の影響が重なり、次々と採用中止や見合わせになってしまいました。

そこで視野を広げ、様々な職種を受けました。

いくつか内定を頂いた中で「求人広告会社の営業職」を選びました。

理由としては、ベンチャー企業ということもあり、企業理念が熱く惹かれたこと、若い層の人が多く活躍していること、平均年齢が若く風通しや雰囲気がいいこと等です。

また、私自身外に出ることや人と関わることが好きなので、営業職に向いていると感じていたからです。

仕事内容は単純でした。

1人ずつにエリアが割り振られ、決められたエリアの中で求人を出している企業や店舗を探します。

「求人広告を出しませんか?」と案内をし、仕事を受注したら、どんな人材を求めているのかを具体的にヒアリングします。

性別、年齢層、特にどの時間帯に人手が足りていないか、週何日働いてほしいか、どのような雰囲気の人が会社やお店に合っているか、現在の職場はどのような雰囲気か、と言ったことを主にヒアリングします。

要望にあった人材を採用できるよう、ヒアリングした内容を元に原稿を作成します。

キャッチコピーを付け、文章を考え、クライアントにチェックしてもらいます。

また、写真、動画も原稿に載せるため、カメラで撮影に行き、編集しました。

クライアントが思っている通りの人材が採用できたり、応募数が多かったりすると、とても嬉しかったです。

何よりもクライアントが喜んでくれて、「ありがとう。あなたのおかげだよ。」と言われるのが嬉しかったです。

しかし、そのようなことは僅かでした。

主にアルバイトの採用を担当していたのですが、思うように採用できないことが多かったです。

今は「若者が働かない時代」とクライアントから言われたことがあります。

学生と言えばアルバイトをして、自分で稼いだお金で旅行へ行ったり、趣味に費やしたり、というイメージですが、そのような学生が減っているそうです。

お小遣い制で、もらった金額の中で楽しむ学生が多くなっているそうです。

アルバイトのほとんどが学生、フリーターで成り立っていますが、このような傾向もあり、ほとんどがうまく採用できませんでした。

クライアントから報酬を頂き、「信頼しているよ」「頑張ってくれてありがとう」という言葉を頂く度に胸が痛みました。

手間暇かけて作った原稿も、応募がなければ意味がないと感じました。

「これだけアクセス数があります」というデータを持っていくのですが、それも応募がなかったら意味がないです。

いつの間にか、採用できたときの達成感よりも、「信頼してくれているのに答えられなくて辛い」「やりがいがない」という気持ちの方が勝っていました。

新卒で3年は働きなさい、と大学の先生に言われたことがあり、なかなか「退職」という選択ができませんでしたが、同僚が半年で辞めたこともあり、それをきっかけに決意しました。

同僚は、この仕事がやりたくて入社したという人はほとんどいませんでした。

元々やりたかった仕事ではない人が多いため、やりがいが見出せず、離職率が高い業界なのだと感じました。

また、離職率が高いために平均年齢が若いのだな、と思いました。

やりがいを見いだせる人もいると思いますが、わたしは残念ながら見出せなかったです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. タカハシ404 より:

    人材業界は長時間労働あたりまえの世界とよくききますね。本当にお疲れ様でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*