『ECサイトデザイナー』居心地の良い職場から個人事業へ

以前通販会社のECサイトのデザインの業務を担当しておりました。とても上司に可愛がられていたし、環境や人間関係も良好で楽しい職場でした。

毎月誕生日の人を祝う時には戦陣切って歌を歌って場を盛り上げることなど、目立つポジションをやらせていただいたりもしました。

元々芸能のお仕事をしていた自分にとって、とてもやりがいのある職場に間違いありませんでした。

その一方で自宅で仕事を請け負うことが少しあることで、会社でやっていることを活かしてもっと自宅での作業を増やしたいという思いがありました。

まだ若い自分にとって会社で学ぶことはまだまだたくさんあると分かっていても一度辞めることの意味に行き着くともう戻ることはできませんでした。

辞める際には上司に3ヶ月前に相談しました。するとこれからの自分をこのチームに配属させてゆくゆくはここのチームのリーダーになってもらいたいというプランを言ってもらいました。

正直心が揺れました。このまま残ってまだまだ勉強できることがある、上司にもっと育ててもらいたいという気持ちがありましたが、やはり最終的には辞めることを決意しました。

仕事内容が嫌で辞めることや、人間関係に嫌気が差して辞めることが多くある世の中で、自分は全くそういう辞め方じゃなく、辞めることをもったいないと言ってもらえる辞め方をしました。

正直あのまま続けていた方が人間としても仕事面にしても大きくなっていたかなと考えることがあります。

しかし自分で決意したものを信じて辞めたことで成長できた点もたくさんあります。デザインとはまた違う業務に就けたこと、自らデザインの展示会を行えたこと、自分らしいデザインを考えることができたこと。

辞めることで失うものも多いと感じましたが、得るものも確実に多くありました。あの時の自分に後悔しないようにするためにも、もっと自分のやらなければいけないことを頑張って行かなければと思っています。

ちなみに元上司に連絡をする機会がありました。自分が送った内容に対して熱くそして厳しく答えてくれました。

会社を辞めたら関係ない人ではなく、会社を辞めても会う機会がもの凄く減っても上司は上司だなと感じました。きっとこんなことを思えるのは以前いた会社が人間関係に対して優れていたのかもしれません。

しかしそれだけでなく自分の中であの部署にいれてよかった、チームに入れてよかったと思える心が大事なのかもしれません。この心の持ち方をこれからも忘れずに更なる進化を遂げて上司に褒めてもらえたらと思っております。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*