『IT会社情報システム部』入社3日目に会社を辞めたくなった

私が会社を辞めようと思ったのは、入社して3日目のことだった。

入社したのは都内のIT会社の情報システム部。

1日目は入社式があり、もろもろの手続きなどで1日があっという間に過ぎていった。

次の日は、健康診断や、会社内の案内や研修についての説明等が行われた。

3日目になってやっと各部署・部課に分かれて研修が始まった。

採用された部署は分かっていたが、部課がわからず、知らされたのは3日目のことだった。

採用試験の時に、どの業務に携わりたいかという質問があった。業務は技術・営業・事務の3職種。

私は『IT企業に就職したのだから技術を身に着けよう。』と技術職を第1希望とした。

採用されたのは技術職だとてっきり思っていたのに、3日目に言い渡されたのは、《事務職》。

人と話すのが苦手だった私には営業職は向いていないと思っていたので事務職でも採用されたのだから事務職で頑張ろうと各部署の事務職が集まり、研修を受け始めました。

時間がたつたびに『私は事務職でこの会社に就職したのではないはずだ!技術職で入社したはずだ。やっぱり事務はやりたくない!』との思いが強くなり、昼休みに部課の研修担当者に、「私は事務職ではなく、技術職で採用されたはずです。技術の研修を受けさせて下さい。」と直談判しました。

担当者はいい顔をしません。「検討してみるからちょっと待ってもらえるか?」といいましたが、会社側としては、新入社員の振り分けや担当を決めているし、今さら異動させるわけにはいかないのでしょう。

担当者に異動したいことを伝えたので、私自身はすっきりしました。

このまま事務職で技術職にはなれないだろう。やりたくないことをしてまで会社にいることはないのだ。

せっかく就職出来たけれど、異動できないのであれば会社を辞めよう。もう一度、就職活動を始めよう。と、心に誓いました。

結局、次の日、技術職への異動が決まり、私の技術研修が始まりました。あれこれ考えて悩んで会社を辞めようと思ったのは何だったのだろうと拍子抜けしてしまいました。

あのまま異動したいことを言わなければ、辞めていた可能性は高い。言うだけのことを言ったのが良かったのか、今となってはわからないですが、思ったことはきちんと言うべきであると実感しました。

他のメンバーに比べ1日分遅れてはいたが、周りに聞き遅れを取り戻し、3カ月の研修期間はあっという間に終わり、実務に就きました。

その後、5年間勤務し、別の理由で会社を退職しました。

日本の教育はサラリーマン教育で、会社を辞める事を良くないとしている為、転職には向かない国である

私は、システムエンジニアをしています。

過去は、大手の工場で10年しました。

高校の時に就職活動をしていました。その当時は、バブルの後期ともあって、1人に対し、4社選べる位、求人がありました。

私は、特にやりたい事も無くただ、大手に入りたいという気持ちしかありませんでした。

私は、大手の工場に就職しました。

その頃は、就職した仕事があたりまえと思って、疑う事なく作業していました。

それが、当たり前で自分が選んだ道と思っていました。

就職して5年位で、班長になったのですが、その頃から自分の本当にやりたい仕事は何か?

と思うようになりました。

ただ、特にやりたいと思う職業はなかったので、そのまま流されていました。

10年がたった頃、たまたまニュースでIT業界が急成長していて、人出がたりないという内容でした。

私は、中学の時にMSXという家庭のテレビにつなぐ事ができるパソコンです。

目的は、ゲームでしたが、そのパソコンのはベーシックというプログラミングできる機能があり、

独学で楽しく覚えて遊んでいました。

工業高校に入学し、ベーシックの授業があり、私は理解していたので教える事をしていました。単位は、10でした。

この頃の思いが蘇ってきて、IT業界で仕事がしたいと思うようになってきました。

ただ、私的には敷居の高い仕事と思っていたので、行動に移せませんでした。

悩んだのですが、どうせ後悔するのなら、自分の出来る事をやった方が良い後悔ができると

思い、大手の工場を辞めました。

それから、派遣のラインの仕事をしながら、資格に取れるパソコンスクールを見つけたので受講しました。

半年後、資格がとれたので、派遣の仕事を辞め、IT業界に入るため、就職活動に入りました。

ハローワークに行き、気になった会社に面接をいきまくりました。

なかなか採用されず、1つ理由がわかりました。

IT業界で、中途採用は初心者ではほとんど無理という事でした。

ある日、いつもの様に面接にいったのですが、その会社と私のやりたい仕事と違っていました。その時、その会社の協力会社の社長が来ていて、うちの会社に遊びにこないか?と誘われました。

私は、早速行く事にしました。

毎日が楽しくて、参考書も沢山あって、夢の様でした。

私はここで働きたいと強く思い、その気持ちを社長に話しました。

社長は、もともとそのつもりで誘ってくれていたといっていました。

私は、。転職に成功したととても嬉しかったです。

でも、私に待ち受けているのは、同じ年の人とのレベルの差です。

私は、2年間、ひたすら仕事をして、プログラマーから、システムエンジニアとして働く事になりました。

かなり苦労と挫折を繰り返しましたが、これが私の転職の実体験です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*