『セクハラ上司』地元スーパーでの陰湿な人間関係で退職

前々職を上司のセクハラを理由に退職し、精神的に不安定になっていましたが学生時代の先輩の紹介で地元のスーパーに転職が決まったのが昨年7月のことでした。

面接自体は淡々とした調子で終わり、難なく再就職が決まり安心していたところ、私の入社と同時に紹介をしてくれた先輩が結婚退職することになり入れ替わりでの入社となりました。

入社日当日、主任と呼ばれるパート社員のリーダーの40代女性が私の指導係につくことになり挨拶をすると聞こえていなかったのかスルーしレジに1人で入って業務を開始し、右も左もわからない私はレジに入った主任に指示を仰ぎましたが、それも無視。

仕方なく他のレジに入っている女性アルバイトやパートの方に指示を仰ぎましたが「わかりません。」の一点張りで最終的に事務所にいる店長に指示を仰ぎに行くことになりました。

しかし、店長は店長で「主任に聞いてくれないとレジのことはよくわからないから。」と素っ気ない態度で、結局その日の午前中は何もすることができず休憩時間に入ってしまいました。

休憩室では、主任の女性を中心に年配の女性が固まって会話をしており、なかなか会話の中に入ることができず、主任がトイレに立った際に午後の予定について指示を仰いだところ「若いのにいちいち人に聞かないと何もできないの?仕事は見て覚えるものだと私は指導されてきたからあんたもそうして!」と言われ呆然としてしまいました。

職人の世界で「見て覚えろ」という方がおられるのは聞いたことがあるのですが、金銭を扱う仕事で「見て覚えろ」ではあまりにも責任感がなく疑問に思ったため再度店長に相談しましたが「主任が正しいから。」と聞き入れていただけませんでした。

その後も1か月間、何も教えていただくことができず能力不足により試用期間で更新なしという通知を2か月目に主任と店長から告げられました。

その際にもご指導いただければしっかりとお仕事はこなせますと言いましたが、更新なしの通知は撤回されず、まったく納得のいかないまま会社を後にすることとなりました。

いまだに自分に何か否があったのではと考えることもありますが、自身の否が一切理解できず、また退職後給料日に残業分の給料が振り込まれないといった点も含め今の時代にこんな企業もあるのだという驚きとともに呆れたという感情でいっぱいです。

今もそのスーパーは常に求人を出しており、求人には「丁寧な指導あり!」と明記してありますが、何が真実で虚偽なのかはやはり入社してみないとわからないのだと実感しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 島田2015 より:

    私も地元スーパーで派遣社員として働いていましたが、職場環境はよくありませんでした。得にレジ主任はまわりから恐れられている人で、”主任の言う事は正しい”という暗黙の了解がありました。真面目に仕事をしていてもなにか気に入らない事をひとつでもしてしまうと目の敵にされ、冷たい態度をとられることがあります。いつもピリピリしたムードの職場で、正社員にならないかとお誘いも受けましたが、とてもここで長い事働く気にはなれなくてお断りしました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*