ITブラック企業は、社長になるべき器でない人が社長になっている



IT企業に籍をおいている一般事務社員です。

私の勤めていいる会社の社員数は、アルバイトを含め約20名程の小さな企業です。ITという事もあり、平均年齢が20代という若さ。

その為、社会人経験の浅い方が多く在籍をしています。

社長は、東京六大学の1つを卒業後、自ら企業をした頭のキレる方。アイディアは、関心するほど、次から次に出ては来ますが、それをこなす社員は、見ていて本当にかわいそうになります。

例えば、自分(社長)と同じようなスピードで仕事のできない人間は、クズも同然の扱い。大きな声と、卑劣な言葉で、できない人をののしります。全社員の前でののしられた側は、たまったものではありませんし、来ている社員も嫌な気持ちになります。

ひとたびターゲットになれば、悲惨です。バカにしているという言葉を超えた表現になります。

病欠しようものなら、家での作業の指示連絡が入ります。病気でお休みをしている人に、仕事を与えるのです。思いやりという言葉を知らないのかと、怖くなることがあります。

もちろん「おだいじに」の言葉もありません。

また、ノルマではないのですが、当然無理だと誰が見ても思う作業量を社員へ振り、出来ないと、損失を訴え賠償請求という言葉も出てくるほどです。

業務の質を求める側の社長ですが、職場にあるPCソフトのバージョンが低すぎたり、スペックが全く足りていなかったりと、基本的な職場環境すら整っていない。

社員がソフトの追加購入を求めると、「自分の売上を1000万クラスにしてから言え」との返事で、全く前に話が進みません。

当然のように残業時間が増え、深夜に及ぶ残業をしたにもかかわらず、今度は「残業をしてもいいという許可を出していない」と言うのです。

あくまでもこの会社の社長ですので、従業員は、社長指示に従う事は、必要だと思いますがあまりにも常識から外れていることが多くみられます。

私は、一般事務の為、時給制で売上を求められませんし、短い時間だけ出勤をしている為、被害を受けていませんが、見ていて目にあまるものがあります。

冒頭にも記載したとおり、社員の平均年齢が若い為、誰も社長に対し意見をいう事が出来ない立場や、社長になるべき器でない人がそのトップになっている事で問題が多く生じてしまうのです。

企業は、人とも言います。

人を大切に出来ないトップには、会社は育たないという事だと思います。

事実、業績は、年々悪化しています。会社がなくなるのが早いか、又は社員が一気にやめる時期がくるか、時間の問題であると感じています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ひとは より:

    社長によってその会社の善し悪しが決まってくるような気がします。
    私も以前、働いていた会社の社長も他の従業員がいる前で、怒鳴りつけるのです。男性従業員であると手を上げることもあり、その怒鳴り声を毎日のように聞いていた同僚がストレスで胃を悪くしたこともあります。

  2. ケー子 より:

    パワハラが激しい企業は社員が思うように力を発揮できないので、結局おっしゃる通り企業そのものも成長しないと思います。私が以前プログラマーとして勤めていた会社も支店長が横暴で、良い意味での緊張感ではなく萎縮しているような雰囲気でした。

  3. フィールドサポート部隊 より:

    社長=絶対の権力者、と考えている社長は数多くいます。以前勤めていた会社もそうでした。気に入らない人はどのような扱いをしてもいいという人でした。そんな会社なので昼休みは役員への不平不満の言い合いです。もちろん、そんな状況なので新しい人が定着しずらいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*