もっと給料を稼ぎたいため損害保険会社の営業を辞めました。

私は損害保険会社に勤めていました。その会社では、主に個人向けの損害保険における営業を担当していました。

私は、根っからの凝り性なのです。個人の保険を売るとき、いつもお客さんの立場に立って提案書の作成などを行っていました。

保険ってただでさえ、分かりづらいものですよね。

もし、自分が保険に関してズブの素人だったとして、保険屋さんから訳の分からない保険を提案されたらとても嫌な気分になるだろうと思っていたのです。だから、私は自分のお客さんに対しては、保険の仕組みから懇切丁寧に説明をし、決して押し売りをせず、その人が本当に必要だろうと思われる保険をきちんと提案するようにしていたのです。

実際に保険の提案をするときには、じっくりと腰を据えて提案をしました。まず、私は本気で良い保険を提案したいので、時間をしっかりと欲しい、いやならこの時点で断ってくれとお客さんにお願いをしたのです。

するとほとんどの人には断られましたが、中には私の意気込みを買って会ってくれる人がそれなりにいました。実際にお時間をいただいた際、あなたにとってなぜ、この保険が必要なのか、この保険の仕組みはどうなっているのか、数時間に渡り説明をしたのです。

そして、皆さん、納得して保険に加入していただきました。ですから、私が担当をした個人の保険契約者には、私とのつきあいだから仕方がないとか断れないからというような理由で入っていただいた方は一人もいません。そういった私の営業姿勢が口コミで広がり、私を名指しで指名してくれる新規顧客が続出するようになったのです。

私は地方支社勤務が多かったのですが、ある地方コミュニティ紙で、私の営業スタイルが評判だということが記事にもなりました。

当時は損害保険会社の社員でしたから、どんなに営業成績を伸ばしても、給料はそれほど上がりません。仕事は私を指名してくれるお客さんのおかげでどんどん忙しくなりましたが、そのせいで帰宅時間はとても遅くなり、子供とコミュニケーションを取る時間もありません。

給料は上がらないのに自分の生活を犠牲にしなければならない仕事環境に大いに疑問を持つようになったのです。私は、それまで自分が培ってきた営業スタイルに確固たる自信を持てるようになりましたので、自分の実力でもっと給料を稼げて、かつ自分の時間も大切に出来る会社に転職をすることを決めました。

今では歩合制の保険代理店に転職をして、損害保険会社に勤めていた時よりも1.2倍〜1.5倍ほどの給料をいただいています。

とても幸せな事なのですが、損害保険会社勤務時代のお客さんから会社が変わった今でも私に保険の相談や契約をしたいというお話を頂戴しています。結果としてお客さんも引き続き大切にできていますし、給料も上がり、かつ家族との時間も作れていますので転職をして本当に良かったと思っています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. MMK より:

    お客様の立場に立って考える。とても素晴らしい事だと思います。
    損害保険を取り扱う会社に勤めていますが。
    保険会社の欲しい物とお客様が欲しい物
    一致していることってほとんどないんですよねー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*