オカマ店長からのセクハラで美容師を3ヶ月で辞めました。

なぜわたしが3ヶ月で美容室を辞めなければならなかったのか

当時わたしは都内の専門学校を卒業し、都心部から電車で30分程離れた駅の地域密着型美容室に入社しました。

美容室は中規模サロンでセット面は10席あり、シャプー台は3台とどこにでもある普通の美容室でした。立地は駅前でしたが2階ということもありあまり年配のお客様は少なかった印象でした。

ただ、ここからわたしの美容師人生が始まると思うとワクワクとドキドキで美容室自体も特別な空間の様に感じていました。この時はまだ。

衝撃的な出会いで立ちくらみ。

従業員はさほど多くなく、一番年齢の近い女性の先輩が僕の新人研修を担当してくれました。お店も常に忙しく、入社当日からあっという間に1週間が過ぎていました。

やっと空気感に慣れてき始めた閉店作業の掃除中、今まで見たこと無い人がサロンの入り口から入ってきました。
こっちきに来て挨拶して!と女性の先輩に言われ、慌てて受付に向かうと。

(わぉ…。)

今ではテレビなどで認知度が昔より格段に上がりましたが、見た目は美川憲一さんのような美男子をアラサーにした容姿で、仕草は完璧に女性のそれでした。手や腰は常にクネクネしている。
まさにオカマだったのです。

ほら挨拶して?と言われるまで、まるで天然記念物を見るかの様にまじまじと見てしまっていたので、先輩に言われてすぐに入社しました!よろしくお願いします!と慌てながらに頭を下げると。
んふ。かわいいわね。と。

(わぉわぉ…。)

何やらお店の従業員らしいそはその場の雰囲気で悟ったのですが、では新人のシャンプーの練習台としてよろしくお願いしますね!店長!と先輩が話してる訳です。

(て、店長?練習台?)

よく話もわからないまま苦笑いでいると店長と呼ばれたその人にウインクされました。
これがオカマ店長との初対面でした。

純情なわたしはされるがまま

美容師は勤めた美容室の独自の練習カリキュラムを進めていく事でお客様の髪を切れる一人前のスタイリストとなっていきます。

わたしも当然、最初は雑務から始まり、夜はシャンプーの練習をしていました。
シャンプーは実はとても重要で、習得の為に猛練習をしていた時期でした。

しかし、オカマ店長の頭を借りて練習をするようになるとそのやる気も少しずつ無くなっていきました。

店長のアドバイスはというと、あなたは手つきがエロいから大丈夫よ。と。アドバイスは本当にこれだけで技術的な事は一切教えてもらえなかったのです。そんな日々が続いていきました。

そしてシャンプーのテストの日。オーナー、店長、先輩の3人をシャンプーするという内容でした。結果は見事に不合格。オーナーから技術的に問題があると指摘されているときオカマ店長は目を合わせてはくれませんでした。

とうとう身体に異変が

入社して2ヶ月が経つ頃から店長の態度が徐々に変化していきました。

2階の美容室で階段を登ってくるご年配のお客様はほとんど店長の顧客でした。店長に会いたいから足を丈夫にしていなきゃ。というおばあちゃんもいるぐらい絶大な人気がありました。ですので、パーマをするお客様が多く、そのアシスタントとして僕は常に店長の傍でサポートしていました。

するとある営業日、わたしが手にした10種類のロッドをどれも取らず、置いてあるロッドを取り始めたのです。お客様も見て見ぬ振り。こうして店長からのイジメが始まりました。

会話のシカトは当たり前で、道具は隠され、お昼のお弁当もわたしの分だけ頼んでもらえない日もありました。そんな中、これが美容業界だと歯を食いしばりながら耐えていると、ついにカラー剤を混ぜているわたしのお尻を触りだし、揉みだしたのです。

純情だったわたしはセクハラをオーナーに相談することができず理不尽なパワハラとセクハラを我慢する日々が続きました。

異様な腹痛で早朝に目が覚めてしまう日が何日か続く頃には身体がSOSの信号を出し始めました。嘔吐と下痢が止まらず出勤もできない状態になってしまったのです。
頭皮からはフケがボロボロと出てきていて、体重も10キロ近く痩せていました。

様子を見にきてくれたオーナーにこの事実を伝えると謝罪をしてもらい、実は。と話をし始めました。
それは今回、わたしのように辞めた人が過去に何人かいた事。その原因が店長であり、男性の場合はセクハラ、女性の場合はパワハラもしくはイジメによるものだった事。

しばらく身体の震えが止まりませんでした。すぐに退職し、田舎に帰りましたが、その後約1年間は仕事をする事ができませんでした。

今では体調も回復し、美容師としてバリバリ仕事ができるまでになりました。

これから美容業界で働きたい人。転職を考えている人には特に覚えておいてほしいです。
職場の環境で最も重視する事は人間関係であるという事を。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ビックリマン より:

    そのゲス店長はクビにならないのが不思議ですね・・・いつか、罰を受けますように。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*