教材営業の高額商品を売りつける姿がひどすぎて辞めました

某教材会社の外勤営業をやっていました。

当初は「子供のためになるんだ」という気持ちと、「会社も大きいし良い仕事をしている」という気持ちではつらつとしていたと思います。ひょっとしたら営業にも向いていたのかもしれません。

その甲斐もあってか、私はわずか2カ月で全国売上BEST3に入り、会社にも大きく期待されていました。

毎日の様に売り上げBEST20というものをFAXしてきまして、それを見て自分の名前があることが楽しく、とてもやる気に満ち溢れていました。

お世辞にも「安い」とは言えない高額商品ですので、その分給料はとても良かった。恐らく同世代ではそこそこの給料やボーナスをもらっていました。

しかしやっているうちに「学習教材」の現状に嫌気が差してきました。

まず一つ目が「買ったまま封も切らずそのまんま」という現状です。

母親にしてみれば、子供が「やるやる!」という言葉に乗せられて、何十万、いや大きい時には何百万円もする教材セットを買ってあげたは良いけれど、封も切らず全くやらずに遊んでばかりいるのです。

「まあ買ってもどうせやらないと思うけどなぁ。」と母親はこぼします。しかし営業トークの中には「この子なら必ずやってくれますよ。信じてあげましょう。」と殺し文句のような基本営業トークで話しているのです。

もちろん私にとってみれば、本当にやってくれるだろうという気持ちで話していました。何しろ散々子供にも

「ちゃんとやるんだよ。約束してね」と言い

「うん頑張る!」

と返事を貰っているのですから。

しかしこんな事が1年、2年と続きますと

「多分やってくれますよこの子なら。多分ね。やらなくても私のせいではないよ。」

と言いたくなってしまう。

そんな営業トークをしていて売れるはずもない。それでは生活が出来ないし会社に申し分が立たない。仕方なくいつもの営業トークを話して売りまくるのです。ちょっと続けるのがしんどくなり、会社にこの事をぶつけますと「やらないのは母親の躾のせい」だと言う。しかしどうしても納得が出来ないのです。

そうこうしているうちに段々と別の事に嫌気が差してきます。

二つ目が「高すぎる利益率」です。

本屋に行けば2,000円程で売っている様な問題集が10万円以上するのです。確かに営業マンに払うコミッションを考えれば、それなりに金額が高いのは分かります。

しかしあまりにもひどい有様でした。その事も会社にぶつける。しかしこう返ってくる。

「これが物販の世界だ。嫌なら辞めろ」

そこまで言われて留まる必要もないので即退社しました。

もう少し適正な価格で売れるシステムを作るべきだと思う。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*