死ぬときにやって良かった、と思える仕事か? 通信販売業を辞めた理由

常日頃、日々自分の人生をこうやって過ごしていく上で、気に留めていることが一つあります。それは、死ぬときに「良い人生だった」と思いながら逝きたい、という一つの信念です。

これは様々な事柄に当てはまるのですが、仕事に関してもそう。今やっている仕事、やりたいとかやりたくないとかという基準では無く、後で振り返ってやって良かったと思える仕事か、という事です。

よく、やりたい仕事をやる、という言葉を耳にしますが、それは間違っていると思ってます。

やりたくないけど、後でやって良かったと思える仕事は、自分のためになっているだけでなく、おそらく人のため、社会のためにもなっているはずです。

前者はキャリアアップ、後者は社会貢献です。

仕事を会社を辞めるには、様々な理由があると思います。私の場合は、その時にやっていた仕事に大きな不満があったわけではありません。

しかし、日々、ユーザーの心の琴線ばかりを探り、どうすればこの商品が売れるか、ばかりを考えていました。そこには自分をより成長させる、世の中を良くする、という考えは含まれていません。

そこで、組織の中でその手がかりを探していました。海外へ目を向け、違う文化圏からそのヒントを見いだし、国内の市場に当てはめる。かれこれ10年はもがいていたかも知れません。

最終的には、その業務は社内ではトップ以外からは評価されず、足を引っ張られるようになります。唯一の理解者であったのが社長であったため、これも他の社員からの嫉妬の対象になったんでしょう。

「結果がなかなか出せないくせに、海外出張ばかりしやがって」と言ったような声が、人づてに聞こえてきます。こういった声は、例えば海外出張の稟議が却下された社員や、なかなか仕事を回してもらえない社員が主な発信源だったそうですが。

結果として、いくつかのヒット商品は生まれたもの、色眼鏡で見られてしまい、社内でも孤立しがちになってきます。

そうなると、仕事もしにくくなりますし、当然のことながら結果も出しづらくなります。

自分の理想を、仕事に当てはめて行動をする。これを実行するには、きれい事ばかりでは済まされないことを、念頭に置くべきでした。

社内の人間関係の調整は清濁併せ呑み、上手く経ち振る舞うべきでした。同僚は人を助けるより、足を引っ張ると考えて、引っ張られないように上手く懐柔しておくべきです。

これが日本の会社です。外資系が多数参入してきても、日本人が多い会社は、そんなに急には変わりません。

というわけで、結局自分の理想を掲げている以上、組織でこれ以上働くのは無理、と判断した私は、独立します。

お世話になった会社、特に社長には後ろ足で砂をかけるような行為になってしまい、本当に申し訳なく思ってはいますが、いつか機会があればなにがしかの形で恩返しできればと思っています。

在職中に得たネットワーク、スキルは今後のプラスに、組織内での人間関係の大切さは今後マイナスを補うために、活用してこれからも仕事をがんばっていきます。

下着の通信販売の事務 先輩OLとの人間関係に疲れて辞めました。

私は、女性下着を扱う会社の、テレフォンオペレーター(営業)として就職しましたが、仕事が丁寧でキッチリしているということで、事務にスカウトされました。

そのスカウトしてくれた女性と、数年後に上手くいかなくなり、毎日悩むようになりました。

事務は、その先輩と私の二人のみで、初めはとてもうまくいっていました。

お互いに、仕事の波長?テンポ?が合うというか、先輩が求めることが、自然にわかり、指示されなくてもこなしていました。

そのように、先輩から重宝がられ、私も仕事が楽しくて楽しくて、本当にその頃は、日曜の夜が憂鬱ではなく、逆に早く月曜が来ないかな、と言うくらい、仕事が楽しかったです。

それに、共通の敵がいたことも、大きかったかなと思います。

よくあるように、事務対営業のような図で、お客様の我ままを、そのまま事務に丸投げしてくるような営業さんがいて、その人に対する愚痴や文句を、よく一緒に言ったりしていました。

気が付くと、その愚痴や文句のターゲットが私になっていました。

そうなって考えてみると、先輩の文句を言う対象の人は、そのオフィスの人全員ぐるりと一周回っていました。

ああ私の番になったんだなと、なんだか茫然とした覚えがあります。

その頃には、事務のメンバーも増えて、3.4人いたと思います。

決して嫌われたわけでは無かったと思います。現に、悪口の対象の人たちとも、先輩は上手くやっていましたし、しばらく辛抱すれば、また別の人に移るんだろうとも思えました。

しかし、頭でそのようにわかっていても、なかなか辛いものがありました。

どのような仕打ちかと言うと、私が話しかけた時、あからさまに笑顔が消える。私に話しかける時、妙に硬い表情で早口。

私が電話を取り次ぐと、受話器を荒々しく音を立てて取り上げる。

私がミスをすると、大きなため息をつく。(他の人のミスの場合笑って「いいよいいよ」などと言う)

他にも、お菓子やケーキの差し入れなど、私がカットしたり配ったりしたものには、決して手を付けない。

言っておきますが、私からの差し入れではなく、他の人の差し入れを、私が準備したというだけですよ。

ここまで徹底されるほどの事を、私は先輩にしたのだろうか?いろいろぐるぐる考える日々が続きました。

しかし、しばらくするとターゲットが別の人に移って、私の事は当たり障りのない扱いになり、仕事もやりやすくなりました。

そのようなことが、7年間勤めた中で3回ほど巡ってきました。

また来たか〜、と思うと同時に、今度はいつまで続くんだろう?と憂鬱だし、上手くいっている時にも。何が逆鱗に触れるかわからないから、びくびくな毎日で、心が落ち着く暇も無かったです。

それでも、何とか仕事を続けていましたが、ある日とうとう、私の悪口を言っている所を、きいてしまうということがおきました。

その先輩と営業の人が、給湯室でおしゃべりしていて、その話題が私の悪口でした。私は、たまたま給湯室に行って、偶然聞いてしまったのですが、これはもう駄目だなと思いました。

それまでは、どんなにひどい態度を取られていても、直接悪口を言っている所をきいたことはありませんでしたし、私の心の中では、やはりどこかその先輩を憎めないところがありました。

なんといっても、事務にスカウトしてくれたのは、彼女ですし。

しかし、実際に陰口をきいてしまったら、もう駄目ですね。

サ〜と身体が冷えていくような感覚を覚えましたし、幸せなことに、今までの人生で自分の陰口をきいた経験も無かったので、このことで、辞める決心をしました。

こんなことで?と思う人もいるでしょうし、自分でもそれは思いました。

しかし、たった一人の病的な女性のせいで、こんな日々を送る必要も無いと考え、辞めることを決めました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 学生 より:

    仕事だけでなく人生そのものがきれい事ばかりでは済まされないと思います。私もこの記事の人のように色眼鏡をかけられよく嫉妬されます。このような悪しき風潮がなくなれば少しでも日本の会社は良くなっていくのではないかと思います。

  2. kabatan より:

    上にいる人と同じ所に行こうとするより、引きずり下ろす方を好む人は結構います。その方が楽だと思うのでしょう。自分の立場が良くなるわけでは無いんですけどね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*