仕事の出来ない帰国子女の同僚がいて保険会社のOL辞めました

保険会社でOLをやっていたとき、中途入社してきた同僚がすごく変でした。今で言うKYな人。それだけならまだしも仕事が恐ろしく出来ない。

彼と仕事でかかわることはそんなになかったものの5人と言う少ない人数でまわしていた職場だったので、彼が仕事が出来ない分そのしわ寄せは上司に。

当時入社1年目でまだまだ上司に確認したり質問したりする必要があった私。その上司が中途入社の彼のせいでいつもイライラ。イライラしている上司に質問するのもはばかられるので、上司の機嫌が戻るのをまってから質問したりして、自分の仕事もスムーズに進まず困りました。

イライラしている上司の指示が適当で、そのときはOKと言ったのに後からもっと細かく、と指示をだされ二度手間になったりました。そんな上司にイライラするより同情してしまうくらい仕事ができない、かつ変わった彼でした。

その同僚ですが帰国子女で英語はペラペラ。有名大学卒の大手銀行出身で履歴書の中身と実際が違いすぎる。入社前の情報とのギャップがすごすぎました。

経理という部署がら役員を集めた会議のスケジュール調整もするのですが、役員同士の派閥とかもあり中々調整も難しいもの。暗黙の了解となっている派閥とかに一切気がつけない彼。周りもあきれてました。とある役員が出席できない日に会議を開きたいとの担当役員の申し出をそのままその役員の担当部長に伝えてしまったりしていました。

そういうことって直接言われてしまったほうは言葉も出ないですよね。だから誰も注意せず、彼は一生気がつかないまま。そんな皆がイライラしている中で働いていたら、仕事が増えた訳でもそこまで自分に影響があるわけでもないのに、胃痛がしてきました。耐えかねて医者にいくと、十二指腸潰瘍のごくごく初期とのこと。自分の父が若い頃ストレスで手術していたため、そんな風になる前に、まだまだ初期で薬で治る段階で辞めるのが正しい選択だと思って退職しました。

退職が決まった後にその同僚以外で飲みに行ったら、一緒に働いていたもう一人の事務の方(私よりずっと年上)もすごくストレスだったみたいです。

共に愚痴っていたらまたストレスのかかり方とかも違って、辞めることもなかったのかなとは思いましたが、少人数で働いていると愚痴るのも難しくて、結局辞めるまで周りの皆が彼についてどう思っているのか聞けずじまいでした。その後系列会社へ出向して、そこでは課長になったりしていましたが、周りからはくじ引きで当たったと言われていました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ビックリマーク より:

    なんか、他人のせいで辞めるってばかばかしい。そいつが辞めるべき!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*