アパレルメーカーの経理事務を給料が安いので辞めました

アパレルメーカーというととてもオシャレなイメージがあると思います。ですが、私が働いていたところは小さなメーカーです。そして本社がある地域は治安が悪いことで有名な地域なのです。治安は全く関係ないのですが、要するに外国人の経済難民が非常に多い地域なのです。そういった人達は生活保護をもらっているので雀の涙の給料で生活していけるのです。

ですが私達はお給料で生活しなければなりません。もちろん外国人はお給料が安くても良いと言っているわけではありません。

ですが、きちんと所得の申告もせずに税金も払わない人達は所得をごまかして生活保護をもらって生活しているのです。なのできちんと税金に保険料などを支払っている私達と同じ給料ではやっていけるはずもありません。

そんなにお給料が安いのであれば内緒でアルバイトでもしたら?と言われるのです。当然私も検討してみたことは何度もあるのです。ですが、外国人の経済難民の人達と同じように扱われている日本の従業員は使い捨ての駒だと社長に堂々と言われるのです。

そんな会社が休日をきちんとくれるはずもありません。休日は一カ月に2~3日で手当などは一切支給されません。残業手当なども同じで、全てがサービス残業です。

最終的に私は、上司にアルバイトを認めてもらえないと生活が出来ない、だから労働基準局に来られても良い勤務環境を作って下さいとお願いしました。当たり前ですが、そんな要求認めてくれることはありません。なのでせめて昇給をお願いしたのです。

最悪でも昇給が認められたならもう少し頑張ろうと思っていました。

予測は簡単に出来ていたのですが、もちろん昇給もありませんでした。

そういった流れで私は堂々と退職するので転職先を探したいので有給をとらせてくださいと要求し、それが無理なら労働基準監督署に行くので有給が認められないという書類にサインして下さいと社長に直接伝えたのです。

当然社長は怒り狂ったように「勝手に休んで早く辞めろ!」と言われました。そして全ての有給を使いきって退職しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    【セクハラと無理シフト】超小規模アパレル店でバイトを始めたのですが、ワンマン社長の仕入れてくる商品は全くセンスがなく駅前で立地の良いショッピングセンター内でもテナントとしての評価が低かったそうです。売上ゼロの日もありました。(そういう時は社長自ら商品をスタッフに買ってくれてましたが…)

    そんな状態だからスタッフも満足に雇えなくて、採用されたのとは別の店舗に当日急に行くように言われたり(拒否はできました)
    社長・マネージャーの他はバイトばかりだったので「交代なしシフト」もザラ。

    終いには「親しみを込めているように見せかけてやたら触ってくる社長のセクハラ」に嫌気が差してやめました。

    地元小規模店舗ならではでスタッフ同士の仲が良かったのでとても残念でしたが、私のあとにみんな辞めてしまい
    結局数カ月後には閉店していました…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*