『部下に責任を』上司の理不尽な言い訳のため辞めたい

仕事上のミスを、部下の責任のように言い訳されたことが原因です。

部下のミスは、自分の責任、部下の手柄は部下のものの考えが少しもありませんでした。自分だけ助かろうとする態度、今のマンションの建設時のくい打ちで建て替える、誰の責任の言い訳で下請け会社に責任があり、裏切られましたの言い訳の用でした。

これは、自分の味方がいなくなった気がして大変悲しい気持ちでいっぱいでした。この会社は早々と退社しようと考えましたが、収入面で不安でしたので辞めることはできませんでした。しかし、このような会社が長続きする訳もなく、結局は倒産してしまいました。

幸いにもつきあいのある会社から声が掛かりましたが、自分の力で転職先を探すことにして頑張ってきましたが、なんとか転職先を見つけることができました。

転職した会社を探すのも地方のため就職先に苦労しましたが、ある輸入貿易の会社に転職できました。でもこの会社もひどかったです。従業員が数名で、社長と専務が夫婦の会社で、主に中国との格安商品を輸入して日本の会社に名入れをしてボールペンを売っていました。

ここの従業員は、一年間に半分が辞めていきました。原因は、社長と専務の解雇と不良品を売りつけ商法で後ろめたい気持ちで辞めていきました。私も不良品を売ることに抵抗があり入社1ヶ月で転職を決意しハローワーク通いを始めましたが、働きながらの転職ではなかなか次の転職先が見つかりませんでした。

不良品にも需要があると社長は言っていましたが、返金には応じず、違う商品でまかなう商法でした。入金がなければ商品は発送しないため損はしませんが、当然リピーターもつくはずもなく、常に新規顧客の開拓に展示会を年に20回も開きます。これには耐えがたく、何時に帰っても残業はつかず、休日出勤さえありましたが追加の賃金はありませんでした。

それから1年が過ぎた頃に突然の解雇宣告。私にも家族がありましたので焦りましたが、いい機会と失業保険をもらいながらの再就職を目指しましたが、失業保険申請の書類をなかなか発行してもらえませんでした。会社都合の解雇なのに失業保険の給付までに3ヶ月を費やしてしまいました。

貯金もあまりなかったので非常につらい日々を送りました。世の中には、なかなかよい会社がないもので、ないならいい会社を作ろうと考えて、今は中小企業診断士の資格を習得してよい会社を多くしようと考えて勉強中です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*