『扶養範囲内で働きたい』派遣会社で働き過ぎて病気になり退職

扶養枠内でパートをしたくて派遣会社に登録しました。大手保険会社の子会社でのPCの仕事経験を見込まれ、派遣会社内で派遣業のパートを勧められました。

家から近く、1日5時間の週4日でしたので受けることにしました。当初は、業務量もそれほど多くなく、毎日定時に帰ることができ主婦業との両立もでき、良い仕事を紹介して貰えたと思っていました。

しかし、1年目を超えた頃から業務量が増え、毎日残業が続き週5日出勤することも多くなりました。業務量が増えたことで、扶養から外れて勤務時間を増やしてほしいとの要望に応え、3年目からあさ9時から17時迄の1日7時間、週4日勤務に変更し社会保険に加入し働くことにしました。

それでも、週1日お休みが出来ればと考えていましたが、さらに業務量が増え、20時や21時まで残業することが当たり前になってしまいました。自宅での家事は私の仕事でしたので、22時前に家につき家のことをやると寝る時間は1時か2時。そんな生活が6年も続きました。

親会社から仕事を受け業務を行っていましたが、次から次へ新しい業務や追加業務を社員が受けてきて契約社員へおろしていました。かといって、新人が入ることもなく、通常3〜4人で行う業務を契約社員の2人で行っていました。上司である社員は次から次へと辞めるため、新しい方が来ては一から説明、やっと覚えてもらったところで退職。いつのまにか全て契約社員の私達がメインで業務を行うことになりました。

「何かあれば責任は取るから」と管理職には言われましたが、いつもどうして契約社員の私達がここまで業務を管理しなければいけないのかと疑問に思いながら仕事をしていました。新しい人を入れて欲しいと頼んでも、なかなか良い人がいないと言われ、短時間勤務の新しい人が来ても長続きせず、いつまで経っても業務量が減ることはありませんでした。

仕事への責任感はある方なので、自分がやらなければ、自分がやるべきだとどんどん追い込まれて行きました。慢性的な疲れと不眠が続き、気が付いたら体を壊していました。因果関係はないかもしれませんが、腫瘍が見つかり入院、手術が必要となりました。休職により業務を引き継ぐ必要があり、結果的にはフルタイムの人や扶養枠内で働く人など、新しい人が4名も入りました。

私は契約社員だったため、長期欠勤が続くと退職になってしまうという就業規則がありました。復帰を希望していましたが、入院が長引いてしまい有給では処理できないので、退職してくださいと言われてしまいました。

何年も責任を持って仕事をしてきたのに、会社に切り捨てられた感じがして虚しさでいっぱいです。現在も自宅療養しながら体調を整えていますが、この会社で働いたことをすごく後悔しています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*