婦人服販売のノルマと仕事量に・・仕事を辞めました

20代のころ2年ぐらいアパレル販売のパートをしていました。

その会社は婦人服の他に子供服・ジュエリーの店舗もありましたが、それぞれ独立した店舗でした。

パートではありましたが、社員と同じ仕事量。

むしろ、雑用が加わり社員より仕事量は多かったです。

店内の掃除は私たちパートで社員は笑いながらおしゃべり。

搬入物の引取り、チェック、商品出し、全て私たちパート。

店長はじめスタッフ全員が女性で、逆らうと翌日から完全無視されます。

毎日、顧客への電話アプローチ、DM書きを社員の分までやらされていました。

一番、納得がいかなかったのが、社員と同じだけの売り上げノルマがあったこと。

新規のお客様が来店して接客していると横から入りこんできて最後まで接客している私の横にいて、お買い上げが決まると、いきなり自分がレジを担当して自分のレジ番号で売り上げを計上したり、接客の最後の方に現れて、支払いの時は自分がレジを担当して自分の売り上げにするというようなことが毎日でした。

「私が接客したお客様ですが…」と言うと「最後の商品は私が勧めたんだから私の売り上げだし、あのお客様は、これから私の顧客だから。」と言われた時は返す言葉がありませんでした。

それが店長もそろって同じ言葉を返してきました。

系列の、子供服やジュエリーも売らなければいけなくて、1ヶ月に1度のお客様招待会では、婦人服とジュエリーをセットでの販売が強制。

招待会用に毛皮のコートやカシミアのコートが入荷し、トータル販売がマニュアルとしてありました。

似合う似合わないではなく、金額が高いものを勧め、ただひたすらお客様を褒めて買わせるという接客がほとんどでした。

当然、クーリングオフのお客様も多かったのですが、そんなお客様には手続きで来店させ、金額が少し安いものを再び勧めて、クレジットをくませていました。

私がいた店舗だけではなく、他の店舗も同じようなやり方。

その中でも私がいた店舗は特にひどかったように思います。

私たちパートは、売り上げノルマが足りないと店舗の商品を買って売り上げを達成させなさいと言われていました。

そもそも、ノルマが達成できない理由は店長や社員が私たちの接客から自分の売り上げにしていたり、営業時間の半分以上は、電話でのアポ取りとDM作成。

商品入荷が多いときは、商品出しだけで1日かかるときもあります。

そんな日々で、どれだけ売り上げることができるでしょうか?

パートは社員を補助するものですが、採用前にノルマ無し、残業無しという条件があったのに、全く知らないふり。

本部に問い合わせましたが、対応してくれず、その電話で辞めることを告げました。

私がアパレルを辞めた理由をお話します

半年前くらいに憧れだったアパレルの仕事を派遣で勤めることになりました。もともとは、医療系の安定した仕事をしていたのですが ずっと働いてみたかったアパレルの仕事を決め、派遣ですが転職しました。

最初は 華やかなお仕事で簡単ではないのは分かってはいたんですが、予想以上に体力的にも精神的にも凄く疲れる職場でした。もともと、女性だけが働いてる職場なのでまず、精神的に辛いものがありました。

上司も、もちろん女性の方なのですが 丁寧に教えて下さっているのも分かっていて私なりに頑張っているつもりでした。

しかし、そそっかしい私なので仕事ののみこみ遅く 理解力もあまりなく、ダメダメな私でした。失敗したら、ちゃんとなぜ失敗したのか 改善点などを色々考えてり 反省をして謝ったりもしていたつもりでした。

でも、上司の方にはそれが伝わらなかったのか 本当に反省してるの?っと言われました。私は心から反省していたつもりで謝ってるつもりでした。

まさか、そんな事を言われるとも思っていませんでした。心の中で、上司にイラっときて は?って思ってもしまいました。

上司は、反省してるつもりなんだ、伝わらないよ 全然。っとも言われて、本当にムカつきましたが 上司なので何も言わずまた謝りました。

女性しかいない職場だと、こうゆうことも多くあります。イジメまではないですが、精神的にきつく言われたりします。

あとは、見た目は華やかですが 毎日数時間 ずっと高いヒールを履いていて歩き回っていたり 重たいダンボールを運んだりなどをしていると足も凄く痛くなります。

いくら毎日ヒールを履いていたとしても、仕事で履くのとは全然違うんです。足が痛くても変な歩き方とかになると、アパレルの店員として全然なってないという姿になってしまうのでそれも気をつけなくてはなりません。

あとは、太らないようにするために食事を気をつけたり 毎日毎日コーデを変えて出勤しないと行けなかったり。色々大変なんです。

あとは、お客さんとの接客です。初めて働く方は特にぶち当たる壁かと思います。最初の話しかけるタイミングだったり、話す内容だったり。

タイミングが悪かったり、話しかける位置などを間違えたりすると警戒されてお客さんに嫌がられたり、不愉快な思いをさせたりしてしまいます。ですが、話しかけないと仕事にならない。

これも本当にアパレルの大変さが1番分かったことでした。私はタイミングなどを掴むまでには半年以上はかかりました。

憧れだけでやってみるのもいいと思いますが、辛い面も多くあることが本当に分かりました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*