空調設備のサービスマン 資格取得と実務の両立



経営者が謎の負債を背負ってしまったが為に、従業員の固定給をはじめとする各種手当や賞与の大幅カットが行われた。

忘年会等の福利厚生はもちろん急遽キャンセルとなり、長年勤めてきた社員に対しても個人面談を行い、体の良い首切り勧告がなされる始末に。

勤続表彰等を楽しみにしていた上司連中はモチベーションを保てず、惰性で過ごしはじめる。

仕事を押し付けられた部下は下がった待遇も重なり業務を適当にこなすようになり、本来の作業効率が出せなくなる。

度重なる喧騒と問題が起こる中、多数の離職志願者が募り、企業は元請け会社の業務をこなすことが出来なくなってしまう。

人件費という支出は減ったものの、ペナルティを受けることとなった会社はより多くの売上、もとい利益を減らすこととなる。

ランニングコストの調整に躍起になることで、結果として事業の縮小をすることとなった会社に訪れた問題は、イニシャルコストとしての投資分の回収方法。
会社に活気を取り戻す為に残った社員を待ち構えていたのは理不尽に怒鳴り散らす役員達の姿。

退社を選択した。

転職に必要なのはとにかく軽快なフットワーク。

急に訪れた退社の日。

家族もあり、定まった所得を失うことの恐怖というのはこれ以上ないもの。

そんな中、逸る気持ちを押さえ平静のもと転職活動を進めることが出来たのは、他ならぬ資格だった。

景気の上がらぬこの時代において、転職において年収UPは正直なところ厳しい。

自身の本来の能力や、今まで得てきた知識や技術も語る場が無ければ何の意味も為さない無用の産物である。

面接まで到達できれば、成る程お得意のコミュニケーション能力を発揮し、相手企業への十分なアピールが出来るだろう。

しかし、現実は厳しく非常なのである。

書類選考という壁を乗り越えるには一つの武器が必要なのだ。

それが資格である。

大変な実務をこなしながら、自身の時間を割いて自己啓発にあてたその労力が企業への十分なアピールになるのだ。

それは自身を高みへ進める為の糧であり、転職時のみ活用されるものではない。

転職した後も地道にコツコツと資格取得に向けて取り組んでいる。

この努力が転職へ身を結び、またその先の人生設計において多大な影響を及ぼすものだと考える。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*