中小のスポーツ用品メーカーの商品開発から大手企業の営業職に転職するためのポイント



私は社員20名程度のスポーツ用品メーカーの商品開発担当として15年勤務していました。ある程度慣れてはきましたが、営業部と経理部に挟まれて疲れてしまい転職を決意しました。商品を開発するにあたりまずは会議をするのですが、そこでまず営業部の意見が強くでてきます。

値段や品質など実際に生産工場と交渉するのは私ですが営業部から無茶な提案をされる事も多く、調整するのが大変でした。値段を下げるには発注の数を増やすか品質を落とすしかありませんが営業部の妥協ラインに沿って交渉を行うので私自身の意見はあまり反映させる事ができません。

そして苦労して商品化され発売となってもうまく売れなければ商品が悪いという雰囲気でみられてしまいます。

またある時には生産工場との値段交渉もまとまりかけた後に経理から予算が出せないと言われ振り出しに戻る事もあり、営業部と経理部の意見を聞きながら調整しているだけの状態が嫌になってしまいました。

会社の規模も小さく経理はオーナー同族のため逆らうのも難しい事もあり退職を決意し、次は大手の営業職を希望するようになりました。

求人内容はわかりにくいので転職エージェントや派遣会社を通すべき

商品の開発に疲れて退職を決意してからある程度大きな会社で営業職への転職活動をしましたが想像より厳しくうまくいきませんでした。その原因の1つは求人内容のわかりにくさです。

ハローワークやWEBサイトから探していたのですが、色々と法律があり企業側の資料に性別や年齢を記載する事ができないため企業側が求めている内容が見えにくいのです。

せっかく良さそうな企業をみつけたと思って問い合わせても性別や年齢の希望が合わなければ無駄打ちとなります。給与や労働条件についても一般的な基準や大雑把な例しかなく、実際に自分がどのような条件で雇われる事になるのかがわかりにくいのです。

法律なので仕方ない部分ではありますが、ある程度は企業の求めている人材の内容は記載できる方がお互いに良いと感じました。このままでは希望の企業を見つけるのに多大な時間がかかりそうだと思い、転職エージェントを利用する事にしました。

登録時に自分の希望を伝えておけばエージェントが企業と交渉したり調べてくれるので無駄な時間がなくなります。私の場合は登録から1か月ほどで3社ほど紹介してもらい、その中で良い会社に入る事ができました。

給与や労働条件など、面接でも聞きにくい事を変わりにやってもらえるので気分的にも楽で良かったです。私は正社員を希望していたので転職エージェントを利用しましたが非正社員等を希望の方は派遣会社でも良いと思います。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*