長い人生の為に、自分にあった職場を見つけるコツ

学生の頃から経理職は需要があり、安定しているだろうと思い商業科を選んで学んで来ました。

就職も当然の事の様に中小企業の経理職を希望して、自分の希望通りの職につく事が出来ました。

しかし自分の希望だった経理職というよりも中小企業を選んだ事に後悔しました。

全ての中小企業がそうとは限りませんが、中小企業は企業の社長や役員の自分勝手な意見で会社を動かす事が出来ます。

その為に会社の本質や目標が明確になっておらず、仕事をしていても遣り甲斐が感じられませんでした。

自分の役目である経理の仕事をひたすらもくもくとこなしていれば良いとは思えなかったのです。

一体、会社がどこを目指し、どこへ向かっているのか本当に不安の日々が続き、

尊敬でき信頼できる上司や相談できる同僚など居れば良かったのですが運悪くそういう人がいませんでした。
こんな会社で働いていては自分のキャリアを積む事もスキルアップにも繋がらないと思い、思い切って転職する事を決断しました。

過去の経験を思い出し、思い切って自分の理想の職場をねらってみる

経理職は自分のやりたかった職でしたし、職種は変えずにキャリヤを積む事ができてスキルアップが出来る様な職場の企業を探しました。

方法としてはリクルート会社へ登録しました。しかも知名度の高いリクルート会社です。

すると結構すぐに求人があるのにはビックリしました。

リクルート会社へは自分の経歴には不安がありましたが、思い切って自分の希望は強く申し入れておきました。

「こんな高い条件を出したらキャリアもない私なんてダメだろうな」と思っていたのですが幸いな事に大きな企業の面接も受ける事が出来ました。

その面接で受けた印象ですが、過去の経歴どうこうよりも、「自分は会社に何を求め、何をしたいのか」という事をはっきりと企業側に伝える事が重要だと思いました。

自分の目標や会社に求める事を、明確に伝える事によって自分に合った職場が見つかるのです。

私はこの方法で大企業の経理課に転職する事が出来ました。

大企業は流石、経営理念や毎年の目標、そして個人の目標がはっきりしていて仕事に遣り甲斐が持てます。

大企業は各個人の年間業務計画の提出など細かな規則があって大変な所がありますが、

自分の求めていた理想の職場が見つかり毎日生き生きと仕事が出来ています。

自分にあった職場を見つける事は、長い人生の中でとても重要な事です。
それにより定年退職後の老後の人生も左右されると言っても過言ではありません。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*