アパレル営業 好きなことと仕事を分けて考える

新卒で入社したアパレルメーカーで3年間百貨店営業を行いました。

大規模な組織ではありましたが、アパレルメーカーという会社の特性上、入社後すぐに営業として多くの仕事を任され、非常に成長できたと思います。

特に取引先とのやりとりが多かったため、対人関係や商談の仕方など自身の経験にもなりました。

しかし将来の人生のことを考えると給与面でも、体力面でも不安を感じました。またアパレル業界に長くつとめても、業界の知識や最低限の社会人としてのスキルは身につきますが、それは他業界で活躍するための手助けにはならないと感じました。

好きなことを仕事にしたいと思い入社した会社でしたが、今では好きと仕事は別で考えた方がいいと強く思います。

入社して3年が経った段階で最低限の社会人スキルは身についたと思います。

また新卒で入社して3年といった時期ですので、

採用する側としてみれば最低限の知識やマナー、経験をしている人材は新卒で社員を雇うよりも教育コストを削減できるためうまみのある話なのです。

たくさんの面接を受けてみる

まずは色々な会社の面接を受けてみることだと思います。

知見も深まりますし、全く興味が無かった業界に惹きつけられたりします。

また私が面接をたくさん受けると良いというのは場数を踏むという意味合いではなく、色々な業界や会社を知ることで、退職しようとしている会社がどういった会社だったのか、その会社で自身は何を学んだのか、それが次の職でどう生かせそうなのか、さらには自信が得意とすることは何なのかがじわじわとわかってくるようになります。

色々な業界や企業の方のお話を聞くことで今の会社や自身を客観的に見れるようになるということです。

もちろん給与待遇や福利厚生も働く上で非常に大切な部分です。しかし、長く勤めるにはその仕事にやりがいを感じ、自分に合っているかどうかも非常に大切になります。

現在では人材や、紹介会社も多く存在するため、一度お話を聞いてみるのもひとつの手かもしれません。

いずれにせよ焦らずじっくりと考える時間を作る事が大切です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*