「中小企業経理」=何でも屋、覚悟しよう

私が前職をやめた理由は経理部と聞いて応募し採用され経験してきたが、職位が上がるにつれて仕事の幅が広がってきて経営者から専門ではないところで恫喝に似た理不尽な言動があったからです。

揚げ足を取る発言にむかつきました。

採用当時の経営者は、私の業務を経理(会計・税務)専業的に、と考えてくれていたと感じました。

それは、実際に税理士や銀行担当者との折衝業務など私がしたい業務に携わらせていただいたことからも意気に感じておりました。

ただ、その経営者が引退してから新たな経営者になった瞬間から風向きが変わり「経理部=管理部門は横断的に何でもやらせる」的な事となり、私もその例外ではなくなりコンピュータの調整、一線を退いた役員(相談役)のお世話係、電球の交換など、自分にとってはやりがいを感じない業務が次第に主になっていきました。

当時、別部門にいた仲が良かった後輩と「この会社、ダメだな」という会話を休み時間やメシを食いに行ったときに話し合っており、実際に後輩がいち早く退職しました。

その時に初めて「退職=転職」という意識に向かい、その後輩が辞めた1年強後退職することになりました。

とりあえずどこか一社、転職エージェントに登録しましょう

転職活動は「経理専門の転職エージェント」を謳っている会社に応募することから始まりました。

自分の希望(経理専業、ワークライフバランスが取れた会社など)をお伝えしてしばらく紹介会社からの連絡を待っていたら数日後に某有名事務取扱商社の経理担当者案件を頂きました。

早速応募・書類選考を通過し面接に臨みました。

結局、採用には至りませんでしたが、「自分の経歴でも書類選考を通過することができるんだ」という事が分かり自信を深め、転職情報サイトにも登録してみました。

自分の住む町の沿岸部に巨大な工場群があるのですが、自分は変わっている方なのでしょうか、殺風景だけど圧倒される無機質な工場の中で働きたい・憧れを持っておりました。

運よくばっちりの求人があったので転職紹介会社に添削を受けた職歴書・履歴書をそのまま求人先のメーカーに提出したら書類選考通過、面接までたどり着くことができました。

一次面接を通過し最終面接まで行きましたが結果、不採用でしたが、採用寸前まで行ったことにすごく手ごたえを感じることができました。

そして、現在働いている会社(不動産会社)に最初の紹介会社からのツテで応募・縁あって入社することになりました。

ただ、ここでも私を採用して頂いた人事責任者(取締役)の方はすでに退職してしまい新たな責任者になって最初の会社と同じような状況になってきており戸惑いのさなかにいる事は否めません。

結局、中小企業の経理は職位が上がれば管理部門責任者として社内の業務は何でもやらなければいけない立場であることが分かってきました。

ただ、自分でやるには限界があるので受けた業務を適切に下の職位の方に下していくマネジメント業務をしなくてはならないのでしょう。

マネジメント業務を一から学ぶ事が今の業務です。

「経理である程度の成果を出したからと言ってマネジメントができるとは限らない」、最近の悩みの種です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*