40過ぎでもキャリアアップ出来る

母親が10年前くらいから腎臓とヘルニアを患い、その頃には介護を必要としていた時、時を同じくして当時上場を果たした会社で支社長から役員の推薦を受けていた時に一部、私の役員への昇格をストップさせようとするもう一つの派閥との対立に悩んでおりました。

彼らは、私のこうどうや言動を逐一チェックをするようになり、自分の部下たちを日替わりで、赤坂のオフィスから横浜の私の自宅まで後をつけるようになり、会議ではデスクの下に盗聴マイクを仕掛けられるようになり神経的にまいっていた時に、母親が出かけた先で倒れて救急車で運び込まれたのです。

私は会社での精神的な疲労と合わせて母親の介護とに追われるようになり、精神的にも追い詰められるようになりました。

その時の職場での唯一の味方であった代表に相談したところ派閥については会社のオーナーとの繋がり上、どうにもならない事を伝えてくれ、私も職場を離れる事で、精神的に楽になれるので、母親の介護に専念する事を表向きの理由として職場を離れることにいたしました。

困難なハイキャリアからの転職も妥協せずさらに上を向いて進め

母親の介護も暫くしてから落ち着き、病院に任せられるようになったので、そろそろ仕事へ復帰する事としました。復帰に当たって自分の中で決めていた事がありました。

それは、前職のキャリアから給料も立場も絶対に落とさないと言う事です。せっかくゼロから築き上げてきた自分自身のキャリアを妥協して落とすことは無いと思ったからです。

それは、仕事をお金のためだけではなく、自分自身の誇りとしてやりたかったからです。お金のためだけに仕事を選ぶのであれば、そこそこな給料でそこそこな職場はすぐに見つかるのですが、自分自身の使命と将来への夢を幾つになっても追い続けるという事を諦めたくなかったのです。

私はハイキャリアエージェントと組む事でいくつかの上場企業の経営層での採用面接にこぎつけました。

会社によってはエージェントとの繋がりが薄い会社もありなかなか話も進まないケースもありましたが、二つの企業の取締役でのお話をいただく中、将来的には代表を任せたいと言う企業への採用を選び勝ち取る事ができました。

5年経った今はその会社の代表を務めた後自分の会社を設立して運営をしています。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*