転職を決意してからすぐに行動せずに準備を万全にする。

仕事をする上で必要なことを話さない先輩がいました。研修を受けた内容も話しませんから仕事の内容は雑用に近いものがありました。

責任がある仕事も少なく楽なところだと感じていますが時期がたつにつれて白い目でみられて評価も下がり陰口も言われるようになりました。

しかし地域が違う出向先は2人だけです。そこでの仕事が95%を占めているので苦痛などもありません。

出向が後1年であることを知らされた時に決意しましたが、転職を決める自信がありませんでした。その悩みから、覚える気はあるのですが先輩方から情報が伝わってこないどころかうそを言われたりします。

意地悪から先輩からも聞くことができないのですが、難しい仕事でもないので勉強もできません。毎日、楽な仕事ををしているときに来年以降やばい状況になると不安になりました。

決断はしましたが行動にうつせない状況になりました。後々このことがの幸いだったことになるとは予想できませんでした。

IT業界の転職は準備をしっかりすること。

IT業界なら技術があるのとないのでは大きく異なる結果になります。もしも経験がなければ、どの程度の即戦力になれるかをアピールする必要があります。

もちろん経験不足では採用されないか選べる仕事レベルにも満たないでしょう。転職をして給与を上げたいなら高いレベルの技術を習得すべきです。

忙しい時間の中、難しいと考えてしまいがちですが、技術習得などができなければアピールすることもできません。

もしも転職を考えたことがあるなら、準備もく飛び出すのは危険であることを認識しておくできです。

転職から変化を期待しても理由がなければ難しいのは、何も変わらない人が転職しただけでうまくいくことはまず無いでしょう。

ここで厄介なことは大きく飛躍してから行動にうつさないと失敗することもあることです。あなたの代わりになる人が世の中に沢山いたなら選ぶ必要もありませんから希望がかなわないどころか失敗におわることでしょう。

どうしても必要といわれるレベルまでアピールできる状態へ上げるまで準備と計画が必要です。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*