コールセンターオペレーターからITエンジニアへのキャリアアップ

私はコールセンターの仕事に3年ほど従事してきました。

理由は、現場にもよりますが、シフトが自由に組みやすく、休みも取りやすかったため、並行して行っていたバンド活動をしながらそれなりの収入を得られていたためです。

バンド活動でそれなりの結果を残すことが出来、さてそろそろ現実的に将来を考えていこうと思ったものの、このままコールセンターの仕事を続けていくのは不安です。

電話対応はチャット形式の対応に移行しつつあるし、聞くところによれば、人工知能の発達により今まで人間ではないと出来ないと思われていたコールセンターの電話対応も機械が対応できるようになれる、と。

そんな未来が来たら、私はどうやって生活していけばいいんだろう?

コールセンターの仕事から抜け出して、もっと将来生のある仕事にステップアップしたい。

そんな風に考えていた時、コールセンターの現場で活躍するネットワークやサーバーのエンジニアの仕事に目が止まりました。

ふと、エンジニアなら、これからITや人工知能が発達しても仕事が無くならない。

むしろ需要が増えてくるだろう。

そして、コールセンターの仕事を辞めて、エンジニアに転職する道を選ぶことになりました。

コールセンターのオペレーターからエンジニアに本当になれるの?

でも、本当にコールセンターのオペレーターからエンジニアなんてなれるの?

そうあなたは思うかもしれません。

でも、実はコールセンターのオペレーターだからこそ進めるエンジニアへのキャリアパスがあるんです。

それを今回ご紹介します!

テクニカルサポートからエンジニアへ!

テクニカルサポートをご存知ですか?

電話対応という点ではコールセンターのオペレーターと違いはないかもしれません。

でも、テクニカルサポートはその分野のエキスパート。

コールセンターの業務以上に専門的な知識やスキルが要求されます。

そう聞くと敷居が高いように感じるかもしれません。

でも、あなたにはコールセンターのオペレーターとしての電話対応のキャリアがあります。

そのキャリアがあれば、IT関連のテクニカルサポートの仕事に未経験でもつけます!

初めは色々なことを覚えなければならないので大変かもしれませんが、テクニカルサポートで扱うITの知識は初歩的なもの。

とにかく頑張れば自然と身につきます。

そして、難なくテクニカルサポートとしの業務ができるレベルに達する頃には、エンジニアとしの基礎が出来上がっています。

一般的にテクニカルサポートでのキャリアは、エンジニアとしてのキャリアとして認めてもらえるので、ここでキャリアを積めばエンジニアへの道が拓けます!

テクニカルサポートとして数年経験を積めば、エンジニアの仕事に挑戦できるレベルになっているでしょう。

エンジニアになってしまえば、コールセンターの業務とは違い、実力や資格の有無でバンバン収入が上がっていきます。

コールセンターのオペレーターのように将来の心配をすることもないでしょう。

コールセンターのオペレーターをされている方、今すぐテクニカルサポートへの転職を考えてみてください。

そしてぜひともエンジニアになってより幸せな未来を手に入れてください!

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*