販売職から職場環境がよく、無理なく働ける事務職に転職するためには

販売の仕事は、土日祝日は休みを取る事が難しく、ゴールデンウィークや年末年始やお盆休みといった連続休暇を取る事が難しく、人が1人休むといる人でシフトを回すのが大変な店舗でした。

時間も不規則で、クレームや万引きなどイレギュラーな出来事が発生すると残業になったりしました。

そんな環境が続いて、体調を崩してしまいました。

不規則なシフト勤務が不可能となり、日勤中心のシフトに変更してもらうことになりましたが、周囲に負担をかけてしまっているようで申し訳なく感じてしまい、肩身の狭い思いで働いていました。

カレンダー通りに休みがしっかり取れる事務職に興味を持つようになりました。

PC操作や入力、電話応対が得意でしたので、それらを十分に発揮できるような職場に転職したい思いが強くなりました。

私が日勤しか入れなくなった代わりの社員が赴任してくれたことで、日勤しか入れないと肩身の狭い思いをするなら、新しいことに挑戦したいと思い、退職に至りました。

受けたい企業の情報を色々な角度から沢山仕入れ、ここで働きたいと思える動機をしっかり持って転職活動をすること

気になった企業や受けたいと思った企業については、情報を仕入れることを欠かしませんでした。

ホームページはもちろん、会社の評判といった、そこで働いている人たちのリアルな意見や気持ちもしっかり見て、自分がここで働くようになったらを常に頭で浮かべるようにしました。

実際に入社しないと分からないことも沢山あります。
色々な情報を仕入れておくことで、自分がどういうところで働きたいかだったり、志望動機をしっかり見つけることにも繋がると考えます。

ただ、闇雲にあちこち受けても自分がここで働きたいという気持ちがなければ、長く働き続けることはできないと思います。

まずは、会社をよく知ること、さまざまな情報を仕入れて、取捨選択することが大切だと考えます。

自分がここで働きたいと言うビジョンを持つことで、転職活動を成功させる事にも繋がると思います。

自分のビジョンをしっかり持つ事で、面接時に志望動機ややる気や自分の事をしっかりアピール出来ると考えます。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*