医師だって人間だ!残業ゼロ・休日出勤ゼロへの病院への転職

ある病院に就職し、長らく続いた医局人事(※)もこれでようやく終わる・・・と思ったのもつかの間。

(※=医局からの派遣という形で、医局が派閥として押さえている県内外の病院をおおむね1?2年ごとに転勤させられる人事のこと)

平日はどうかすると午前様、土日も術後の患者さんのガーゼ交換などの名目で呼び出され。

当直の先生もいるはずなのに、なぜか「患者さんが先生の処置を希望しています」などと言って呼び出され。

患者さん達に尋ねたら「そんなこと自分は言ってない」「先生は他の先生と違って、土日も律儀に出てこられて大変ですね」と言われ。

病院からしてみれば「この先生には何をさせても医局から苦情を言われることはもう無いから、少々ひどい扱いをしても大丈夫だろう」という思惑だったのかもしれません。

どの先生も多忙できつい思いをされているならともかく、明らかに自分だけが差別されていることが分かったため、この病院に長居する気が失せました。

2年間は何とか我慢しましたが、もう限界でした。

働き方は「職種名」で決まるものではない

このまま体が決定的におかしくなってしまう前に英気を取り戻したい、家族ともゆっくり会話できる時間が欲しい・・・と思い、収入が下がっても構わないので残業ゼロ・休日出勤ゼロの求人を探すことにしました。

幸い転職活動を始めて3ヶ月ほどで良いお話に巡り会え、希望通りの勤務形態で転職することができました。

土日がオフになり、また家族と過ごす時間も増え、本当に良かったと思います。

かつて、医師という職業には「身を粉にして患者さんのために尽くすのが当たり前」という風潮がありました。

でもその結果、医師にも「過労死」という問題が出てきました。

医師だって人間ですので、自分の健康を損なってまで働くことはできません。

転職を考えておられる先生はどうか、自分にとって「絶対譲れないもの」を最優先して、転職活動に臨んでいただければと思います。

私の場合は「人としての生活」でしたが、例えば「自分の夢のために収入をアップしたい」「転科して別の道の専門を目指したい」など、先生によって動機は様々でしょう。

ただ、余りにコロコロ職場を変わるのは医師としての評価が下がってしまうので、短期間で再転職ということにならないよう、ご自身なりにリサーチはしっかりされた方が良いでしょう。

転職エージェントの求人の推移を見れば病院の評判はある程度見当がつきますし、巨大掲示板サイトなどの口コミも意外と役に立つものです。

むしろ、よほど信頼できる人からのお誘いでない限りは、エージェントで公募されている形での転職の方が良いように思います。

安易なお誘いは、そこの病院に問題があって辞める先生が出たからこそ・・・という側面もありますし、コネで入るとその病院に問題があっても我慢せざるをえなくなってしまうので。

あと何より、お体はくれぐれも大切にされてください。

過労死してしまったら、医業はできないのですから。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*