ひどい嫌がらせを受けアパレル販売員を辞めました。

アパレルの世界と聞くと、とても華やかな世界だと想像すると思います。

ニコニコと笑顔で、綺麗な新商品を着て綺麗に着飾っていて、憧れる方は多いと思います。

私も初めはそうでした。

それに憧れてダイエットもし、体型もメイクも髪型も気にしてショップ店員になったのです。

しかし以外にも厳しい世界なのです。

まず、ノルマがあります。

1日の売り上げに対し、自分がどのくらい売らなければならないのかよく把握して売る必要がありました。

やはり商売は商売なので、そこを重視してたかと思います。

ノルマに達しないと、最悪な時は自分で購入とゆうこともされました。

お客様に似合うものよりも、その時売らなければならない商品や在庫の多い商品など、本当に販売目的で売るという体制でした。

私としては、お客様にぴったりと似合うもの、お探しになっているもの、好みのもの、そうゆうのを一緒に探したいとゆう思いでした。

ですが、その実際の体制と、先輩による嫌がらせにより私は辞めることを決意しました。

私は結構お客様に気に入られる事が多く、購入するしないに関わらず会話を多くしていました。

またお客様も会話をするのがお好きな方が多く、楽しんでいたかと思っております。

その姿が、嫌だったのでしょうか。

お客様が帰ったあとに「ベラベラ喋ってないで、売らなきゃいけないの早く売って」と言われたときには、意味を理解するのに時間がかかりました。

この人は、本当に売るだけが目的なんだと分かりました。

その後も、先輩は私がやることなすことにブツブツと文句を言ってくるようになりました。

他の店員にはきつくしないのですが、何が気にくわないのでしょうか、とても当たりの強いことばかり言われておりました。

正直、その先輩がいないお店でも服を売ることができるので、この人がいない所へ行こう。

そう思ったのがきっかけでした。

私は私のやりたいように好きなことがしたい。

それだけなのです。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*