メーカーのバイヤーを10年していました。

新卒で入社した某メーカーでバイヤーを10年していました。日中は取引先や内部設計及び内部企画の部署との打ち合わせがたて続くことが多く、自分の席で自分の事務仕事や資料作りをする時間は全て残業時間からでした。

それをこなさないと昇進もできない上、安定調達と品質事故が無きことは当然とされているので、日々の確認業務は増える一方。毎四半期ごとの各部材のCOST DOWNのノルマも経営企画部からダイレクトに課せられるので、海外調達部材を増やして、COST DOWNを推し進めるしか無い状況でしたが、海外調達部材を増やせば増やすほど、それぞれの現地営業とのやり取りも増え、やればやるほど残業が増え、拘束時間が長くなるばかり。

何から何まで担当任せの上長(当時の部長数名)がいまいち信用できない。と言うこともあり、10年経験したところで、他部署への異動を希望。人事部とのやり取りでは、営業部門への異動がほぼほぼ決まっていたのに、上長に異動話を完全に握りつぶされたので、このままでは会社のと言うより、この上長達の出世の為にだけいいように使われてしまう!

と思い、思い切って転職を考えはじめました。と言うのも、私は帰国子女なので英語はこの上長達よりも得意でした。その為、海外調達推進の実務の他、現地とのやりとりの雑務も割り込みで入れさせられることが多く・・・。帰国子女なのに、よく10年もこの部署で我慢したね。と当時の同期などには言われましたが、帰国子女だから2,3年で異動を希望した。

一つのことをじっくり勉強するつもりが無い。定時で帰れるのが当たり前と思っているから、その点だけが不満で異動した。と思われたくなかったので、逆に意地で10年我慢をしてしまいました。

転職を考えはじめてから、自分の意地と、その意地に縛られていた自分のことに気が付くことが出来きました。10年の自分の経験が外で何に活かせるか?と考えた時、やはり一番苦労をした海外調達の経験が頭に浮かびました。

また新卒の時は大手にこだわってしまっていたのですが、大手の上長がみなスキルが高いかと言うのとそうでないケースも多いということを見て知ってしまったので、小集団で仕事ができる方が良いかもしれない。

と思い、外資系の中堅サプライヤー、商社等に応募し現在は外資系の中堅サプライヤーの営業部門に籍を置かせて貰っています。前職よりも所帯はとても小さいですが、上長、同僚との関係もとても良く働きやすいので、忙しさの中にもやりがいが増しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*