責任転嫁をされ続け疲れきったので退職しました

僕は飲食店のサービスマンとして働いていました。

具体的に言うと中華居酒屋なのですが、そこで副店長として従事していました。

何年かは我慢していたのですが、結果的には退職することになりまして。

理由はというと、店長とオーナーの責任転嫁が大きいです。

もちろん僕も副店長として、それなりの責任を持っていましたが、いざお店のハプニングが起きたときに、店長はなにもせず、いかにも自分は関係ないという態度なのです。

結局のところ僕が全てを処理してお客様のフォローもしておりました。

こんなことがありました、とオーナーにも報告をするのですが、その原因などを必ず僕にしか聞いてこないのです。

店の問題なので、そこは店長がいなければ話にならないのですが、あえて店長のいないときに大事な話がされるのです。

最終的には今後の注意も、部下へのこれからの対応も僕一人で受け持たなければならない状況に。

元々オーナーと店長は余り仲が良くないので普段から話をしない関係なのです。

オーナーは都合悪いことは店長には言わず、すべて僕に言ってきます。

お前が全部何とかしろと言わんばかりに。

僕にもプライドがあるので、ずっと「だったら俺が全部やってやるよ!」といきり立ちながら仕事をしていましたが、正直だんだんと疲れてきたのです。

店長も仕事が上手くいかないと勝手に機嫌が悪くなったり、店の空気も濁ってきます。

それを平気でやる上司、責任転嫁され続ける環境。

何もしない店長の方が給料が高い現状。

最後には怒りも悲しみも通り越して、今ここで働いている自分が馬鹿馬鹿しくなってきました。

ここにいてもしょうがないと思い、それからすぐに辞表を提出して、おかげで今はやりがいのある仕事に就いております。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*