自動車管理事務の派遣社員

派遣業務内容として提示されていましたのは電話対応、簡単な定型書類作成、雑務と、なっておりました。

時給は1,250円でしたから納得の業務内容でした。

出社してみると仕事が出来る状態になく、パソコンすら設置されていませんでした。

上司に仕事内容を聞くと「パソコン、出来るの?」と、聞き返されました。

私はデータベースの保守、開発を行ってきたことは職歴に書いてありましたが見ていないし、用意すらされていないところをみるとバカにされていることが分かりました。

「大丈夫だと思います。パソコンで作成する書類ですか?」と、聞いても返事はなく「引き継ぎ文書とかありますか?」と、聞くと「ないからあっちの人に聞いて」と、指示をうけました。

あっちの人に同じ質問をすると沈黙の後「俺に聞けって?」と、嫌な顔をされました。

でも、負けずに食い下がり仕事内容を聞き出して初日が終わりました。

次の日からパソコンがないと出来ない仕事なのでパソコンを支給するか貸して欲しいと相談すると窓際の課長のパソコンを借りるように指示されました。

課長からパソコンを借りる際に「これ、分かる?」と、聞かれたので画面を見るとExcelのシート追加が出来ないようなので追加すると「パソコン出来るんだね」に、変わりました。

それからも初歩的なパソコンについての質問に答えたりしていると、私にパソコンが支給され、仕事がしやすくなりました。

しかし、それを繰り返すうちに段々要求が増えてきました。

まず、今まで列挙されているだけだった一日の自動車レンタル台数を掌握するためのデータベース作成。

本部のサーバーであがってくる内容をExcelで見やすくするためにVBAでの開発。

出来ますが当初の業務内容からかけ離れた内容なので時給に見会わないと、派遣会社に報告し派遣先に連絡してもらいました。

私と派遣会社、派遣先での三者面談をしていただいたところ派遣先から時給交渉は前例がないし、個人でパソコンが支給されただけでも厚待遇だと説明されました。

交渉決裂。

そう思わざるを得ませんでした。

派遣先から意見を求められたので「開発業務での時給とパソコンで入力のみの事務での時給が同じなのでは勤務継続は難しいです。」と、生意気ながらも言わせていただきました。

この交渉までに半年間派遣会社に報告し、ようやく交渉の場だと思っていたけど派遣社員を低く見すぎて冷静に頭にきました。

辞める旨、派遣会社から派遣先に話を進めるように言うと、現場が驚き自席で留まるように説得されました。

挙げ句には人事に呼び出され「本当に異例ですが、50円時給をベースアップします。」と、言われ「これが、この会社の限界なんだな」と、未練なく辞める事ができました。

自動車メーカーの派遣事務OLを正社員のパワーハラスメントで辞めました

私は、高校卒業して地方に就職したのですが、地元に戻りたく仕事を辞め帰省しました。

地元で仕事を探したのですが、なかなか良い職が見つからず、派遣会社に就職し大手自動車メーカーに配属されました。

仕事内容は、経験のあったCAD業務ですが、ソフトが違い、1から覚えることばかりでとても苦労しました。

そのチームは立ち上げたばかりで、派遣スタッフ計6名(男性4名、女性2名)で頑張ってました。

しかし、直属の正社員の上司にとても問題がありました。

その上司は、高校卒業後、大手自動車メーカーに入社した社員で、周りは大学卒業の人ばかり。

プライドだけはとても高く、高卒でありながら、大学を卒業しても仕事ができない人を馬鹿にするような人でした。

大学卒が何が偉いんだと、大卒の人の前でいうような人です。

性格は、ネチネチ嫌味を言う、平気で人の悪口をいうような、30代の独身男性。

その上司とは、本社から電話で私たち(支社)に指示、指導をする形でした。

電話口の口調はとても悪く、電話を取るのが嫌でしたが、離れているからこそ、みんなで頑張ることができました。

時には本社に出向いて、上司の元で仕事をすることもありました。

ある時、私と、男性同僚と2人で本社に出張で2週間行きました。

ただでさえ、口調や態度の悪い上司の元には、とても行きたくなかったのですが、仕方がありませんでした。

少し仕事をミスすると、同僚の男性は座っている椅子を蹴られ、精神的にまいり体調不良をきたしていました。

私も、みんなの前で強く、注意されることもありました。

出張中は、行きのバスで、このバスが事故に合わないだろうか、骨折して仕事ができなくならないだろうかと毎日考えてました。

しかし、そのようなことは起こらない為、同僚とお互い励ましあい、上司の愚痴を言いながら頑張ってました。

その2週間の中で、ある日、上司を含めたメンバー5〜6名で飲み会がありました。

私は、その飲み会の中で、上司に侮辱されたのです。

「なんで、この仕事を選んだのか。」と理由を聞いてきました。

そして、「別にこの仕事じゃなくてもよかったんじゃないか。」

と、遠まわしに、仕事が合ってない、辞めた方がよいようなことを言われました。

周りの人は、とてもフォローしてくれましたが、その上司は「この際だから言っておきたかった。」

と、いい馬鹿にしてきました。

私はその場で泣いてしまったことを覚えています。

人生を全否定されたような気分になりました。

私は、このことを、出張が終わってから、派遣元の上司と、室長に報告しました。

室長が、本人に態度を改めるように注意しても、その上司の態度は変わりませんでした。

そして、その上司が支社に戻ってくるという情報があり、私は限界を感じ仕事を辞めることにしました。

室長から別の配属先にするので、辞めないでほしいと言われましたが断りました。

同じフロアで仕事することが耐えられなかったからです。

他の同僚も耐えられず、半年以内に全員辞めました。

そのため、他の部署から正社員のメンバーを集めるなどして、チームは存続したことを辞めた後に聞きました。

私は、その後、25歳から看護学校に通い、今では看護師の資格を取り看護師として仕事をしてます。

パワハラ上司に出会わなかったら、そのまま派遣OLとして働いていたかもしれません。

パワハラ上司のことはとても恨んでますが、今では看護師になってよかったと思ってます。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*