自動車整備の仕事をやめました。

こんにちは。

まず始めに言わせてください。

僕は車整備の仕事をやめました。

昔から車が好きでいつも休日は、車の洗車から休みが始まるといっていいほど車を大事にしていました。

ハローワークの求人で整備士募集を見つけ、すぐ募集をしました。

それからはすぐに就職が決まり、やりたかった整備士になれました。

会社はそんなに大きくなく、地元中心の会社でした。

1年ぐらい黙々と必死に技術を学び、会社にもなれてきました。

ですが。

1年経ちある程度の仕事ができるようになった僕は、オイル交換などの仕事を任される用になったのですが、それがずっと続き2年が経ち、入社3年目。

上司の人の背中を見て僕も車検整備など、もっとスキルを上げたいと思うようになりました。

社長に言われた事を思い出したのですが、整備士は5年で見習い卒業10年で1人前だと言う言葉です。

まだ3年の僕はまだ耐える時だと思い、前向きに仕事をやりました。

5年が経ち、僕は8年目に。

ですが僕の仕事内容は変わらず、ずっとオイル交換などの仕事だったのです。

僕は整備士なのか?それともただの雑務担当なのか。

毎日仕事をしてる内にこのまま働いていても自分は、ずっと雑務だけを任せられる人なのかと疑問がでてきました。

それからは我慢もそう長く続く筈もなく。

社長に直談判しに行きました。

そこで僕はショックな発言を耳にしました。

社長に、僕は整備士になりたくて就職しました。車の車検整備、部品交換、板金作業、などもっとスキルがいる仕事をさせてください。

社長は、オイル交換も車内洗車も整備士のちゃんとした仕事だからいいじゃないか。それに今整備をする人は1人で回せるから君にはそのサポートだけしてくれるだけで会社は助かる、君を今から教えたりして育てる暇はないから、与えられた仕事をしてくれるだけでいい。

与えられた仕事をしていればいい…。

あまりにショックな発言に僕は呆然としました。

車が好きで、整備士を目指したのに育てるつもりはない。与えられた仕事をこなせばいい。

会社はそれでも儲けは出るでしょう、でも僕はこれからなにも成長せずただ毎日同じ事の繰り返し、変わることのない日々。

仕事は与えられた事をすることかもしれません。

ですが、誰もが自分の仕事に対してプライドもあります、やりがいもあります、みんな真剣に仕事の事考えてます。

やるからには自分の中でその仕事のトップに立ちたいです。向上心をもってやっているのに、会社の利益だけの為に僕は犠牲になれませんでした。

僕は自分のやる仕事内容と社長の経営方針に不満で辞めることを決意しました。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*