あまりに忙しすぎてやめたくなった添乗員の仕事

私は、旅行会社に勤めています。

そして主な業務は、海外に行くお客様に同行して、ツアーコンダクターとして旅程管理をする仕事です。

よく「海外に行けていいねー」なんて言われてしまいますが、実は死ぬほど忙しい仕事です。

ツアーは大体8日間から10日間ですが、その間は自由時間はありません。

朝6時台から朝食のケアのためにレストランに行き、皆様が食事をとられているか確認します。

そしてだいたい8時から夜の20時まで、ズット観光地を回って夕食をとって、そして次のホテルにチェックインをします。

ホテルに着いたら仕事終了というわけでもなく、お部屋の不都合などがあれば対応しますし、仕事のレポートも書いたりします。

さらに、夜間緊急で病院に行くこともありますが、だからといって次の日の出発時間は変わりません。

これだけ過酷なスケジュールを終えて帰国したら、今度は会社で雑務があります。

海外から帰ってきたその足で、会社に行かなくてはならない日もあり、本当に辛いです。

そして、繁忙期にはツアーがいくつも重なり、海外から帰ってきてまたすぐ海外に行くということを繰り返します。

そういう日々を過ごしているうちに、慢性的な疲労が溜まってきました。

甘利に忙しすぎて、身の回りのこともろくにできないくらいです。

そうなると、人間のメンタルってとても悪くなるのですね。

ご飯もあまり食べられないようになって、駅のホームにいるときには「もう飛び込んでしまいたい・・・」なんて思ったことがあります。

さすがにぞっとして、それからは駅のホームの一番前には絶対絶たないようになりました。

万が一気の迷いで飛び込んでしまったら、死んでしまうからです。

何とか仕事を軽くしてもらおうと思っても、なかなかうまくいかず、とうとう疲労とストレスで、後頭部の神経痛になってしまいました。

病院に行ったら「ストレスと過労」と言われて、ガックリしました。

ここまで仕事ばかりの人生って、いったい何なんだろうと思えて、働くのが嫌になってきていました。

仕事を辞めたら、給料がなくなるので生活できません。

だから働き続けていますが、ヘタをしたら命の方がなくなってしまいます。

私の同僚も似たり寄ったりで、仲の良い同僚は、なんと円形脱毛症になってしまったのです。

こんな働き方では、命を縮めてしまいます。

世の中、もっとゆとりを持って働いている人もいるはずです。

そのことに気が付いて、今もう一度自分の実力と仕事を、見つめなおしています。

もし別の所で頑張るチャンスがあったら、私はすぐに転職してしまうことでしょう。

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*