上司に媚を売った人だけが出世する私が勤めた製造業の会社

私のいた会社では、好き嫌い人事が横行していて、少しでも上司の意見に反対したり、嫌われたらすぐに他部署に異動になる事が良くありました。

なので、会社の中は、上司のご機嫌伺いばかりのYESマンしかいない状態になっていました。
他の部署で上司と気が合えば良いのがですが、気に入られないと毎回移動をしている人も多かったです。

そういった事に気づき優秀な人はどんどん辞めて行ってしまうので、最終的にはポンコツな人しか上司にいない感じでした。

特に私のいた課は酷くて、一人の部長にみんなが取り巻く形で持ち上げたりするため、周りからは北朝鮮の喜ばせ組の様だと言われる事もしばしばでした。

ただ、会社自体は、ものすごく良い会社だと思います。有給も取りやすいし、リフレッシュ休暇もありました。

仕事ならまだ仕方ないと思うところもありますが、飲み会は本当に最悪でした。飲み会の話題は、この課で誰が1番かっこいいとか良い人か?

という、毎回決まった話をし、その上司の名前を言うまで毎回終わらないといった感じでした。

二次会も夜中の2時3時は当然の様になっていて、その二次会三次会でも誰が1番かっこいいとかそういった小学生レベルの話ししかしない感じで、本当に飲み会のお金を返して欲しいと思っていました。

また、部長や課長、平社員、派遣社員も全て同額の料金を徴収され、上司が部下に奢るという事は一切なかったです。

執行役員でも派遣社員からたかだか500円の烏龍茶の料金を請求した時は本当に小っちゃい男だなぁ、、、と思いました。

ただ、その上司は、自分の自慢話は本当に大好きで父親はかなり大きい会社の役員で小さい頃は海外で育った?産まれた?

から英語は勉強しなくてもできたからとか、その割に英語の発音はネイティヴの人曰く、かなり聞き取り難い英語だし、文法は正しくないと影で言われていました。

その上司はいつも嫌いな人間は徹底的に潰すと言っていたため、同じ課の部下が意見を言ったものなら、次の人事移動で全く違う、本社から離れたところに異動になっていました。

また、残業は全てカットと言われたため、皆んながサービス残業をしてる中、用もない海外出張に何回も行き、海外で食べてきた食べ物の話や、見た観光名所の話しをしてきていました。

その上司が用もないのに海外に行く為、課の予算を全て使ってしまった為、残業代が出せなくなったと後から知り、皆怒っていましたが、それを言える訳でもなく、泣き寝入りするしかないのでした。

この様な会社であった為、私はバカらしくなり辞める事を決意しました。

『自動車部品製造』上司との人間関係で自分では理解できなかったこと

17年間勤務していた自動車部品製造業を退職いたしました。

会社自体は田舎にしては二部上場から一部上場へとなり基本的には文句はないような会社でしたがそこに勤務している上司といわれる人たちのスキルのなさと自分勝手な行動にどうにも我慢できないことが最大の理由です。

その人たちが勤務しているからこの会社なのかしがみついているのかは分かりませんが自分的にはどうしても納得のいかないことが多々発生したものでついには我慢できずに退社を選択しました。

私には妻子もおり何度か思い直してとどまったものの妻の”無理に勤務する必要はないよ”の一言で退社を決意しました。退社に至った内容をこれから記載いたします。

1.部下からの提案を自分の理解できない範囲又は分野だと無視する。それも説明や理由もなしにただただ無視。

2.部課内の人事移動者に対して何の説明もなしに当日”あたなは何々課に行ってください”。の一言で済ます。

3.給料などの査定ではその社員に対しての好き嫌いだけで数項目ある査定を全て最低にする。

4.勤務時間中に社外で個人的にこいにしている人間を社内に呼びお茶している。

5.勤務時間外に女性社員を呼び出し酒の席に添わせる。又肉体関係を迫る。

6.社外取引のあるの部品納入会社になどにおいては毎回のように接待をさせる。

7.社用車を利用して観光や娯楽などに出かける。勤務時間内のことも多々ありました。

8.自己の残業時間を偽超過申告している。

9.自分が承認した書類(検印)に対して何故そうなのか?どうしてそうなったのかなどと後日不都合があると発行者や部下に対して異論をいう。自分が見ていたかったのように。

10.自分の誤っていてもそれを認めず部課に責任を押し付ける。又思うようにならないと怒鳴り散らす。テーブルなどをたたく。

11.出張旅費を過大申告する。

12.仕事は内容ではなく長時間(残業稼ぎも含め)在社していれば忙しいと単純評価。仕事自体の重要性や効率化はにのつぎ。

あげればきりがないのですが簡単には以上のような内容でした。私自身中間管理職になっていましたがその少し上の上司に対しての内容です。

これは一人ではなく数名いるのです。あいつがやっているから俺も良いだろうとでも思っているのか不可解、不愉快極まりない行動でした。

又これなの人物に役職を付けているその上司も摩訶不思議なもので理解しがたいものでした。

創業当時からの社員が年功序列に出世したものなのですが上場企業ともなればそれなりの過渡期が必要なのは経営者はわかっているものだと思いますが。

以上がが私の体験談(愚痴もありますが)です。みなさんはこに実態を信じられますか?

若手が会社を辞める・第二新卒向け


リクナビNEXT

会社を辞めたいと思っているけど、給料が下がるのは嫌だ!

今の年齢ポジションならどれくらいのお給料がもらえるか?

気になる方は転職サイトで求人チェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>公式サイト<<

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. まき より:

    気前よくジュースくらいおごってほしい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*